薫の野郎猫的日常
2010年05月21日 (金) | 編集 |

ひとたび幕が上がれば
どんなことが起ころうとも
ショウは続けなければならない

この世に生を受けたのだから
命燃え尽きるまで
なにがあろうとも生き続けるのだ

自分を信じてこの道を歩いていくのみ
我が道を進め
前へ 前へ

私の好きな歌
私の好きな言葉

困難が壁のように立ちはだかった時
いつも口をついて出てきます

"the show must go on"

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
力強くて
芯のある
いい歌詞ですね!!

ひとつひとつ
困難を乗り越えなければ
あたらしい
可能性も見つけられないですよね。

染ちゃん、検査結果
良好でありますように。
2010/05/21(金) 13:12:30 | URL | beesan #KWAXQXj2[ 編集]
beesanさんへ
シングルには必ず素晴らしく凝ったPVを作成するQueenですが、フレディの体調が思わしくなく、仕方なく古いPVを繋ぎ合わせたのでした。
この歌がリリースされてすぐ、フレディ・マーキュリー死亡のニュースが流れたんですよね~。その日は一日中、この歌を聴きながら涙、涙でした。
この曲が収められたラストアルバム「イニュエンドゥ」はQueenのアルバムの中で私の一番のお気に入り。そして「the show must go on」はAIDSに侵された彼の魂を込めた渾身の一曲。Swan songであります。死を前にしても尚、唄い続けたのです。本当は作者であるブライアン・メイが自分で唄うはずだったのですが、フレディからこの曲を唄わせてくれ、絶対に唄いこなしてみせるからと懇願されて実現した、といういわくつきの歌。聴く度に心が痛くなる。
バースの「僕の魂は蝶の羽のように彩られ、昨日の御伽噺は成長することはあっても決して死なない。僕は飛べるんだよ、友よ」で、いっつも泣けるのです。Queenもフレディもこの曲で永遠の命を手にしました。
染もきっと最期までしぶとく染らしく生き続けることでしょう。
2010/05/22(土) 00:57:42 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック