薫の野郎猫的日常
2008年12月22日 (月) | 編集 |

adventkranz_g.gif 夜勤明け。

3Fのお客様のお世話を一通り終え、早番を含め日勤者にバトンタッチし、事務所でタイムカードを押そうと1Fに降りると、無表情のままソファに座っているM様を発見。

私がいる頃は笑い上戸だったのに・・・。

1Fの非常勤として復活した仲良し副主任から色々と話は聴いていたがここまでとは・・・。

まずは胃瘻を設置して帰ってきたじい様にご挨拶。ペグ口を自己抜去しないためにツナギ着用。病院では両手を拘束されていたと聞く。ツナギになったからといって自由を束縛されていることに違いはない。イライラモードが手に取るようにわかる。認知症が進行しているとは言え、喜怒哀楽は人並み以上。相手の気持ちを感じ取るアンテナだって人並み以上。入院前は歩行器を使いながら歩けていたのに、今は殆どベッドで寝たきり。介助者がいなければ立位もままならない。全身状態がよい日は車椅子に移乗し、リビングで寛がれる。辛いだろうね・・・。伸びきっていたひげを電気かみそりで綺麗にして差し上げる。1Fで働いていた頃はよくこうしてひげを剃って差し上げたものだ。綺麗になったか彼にチェックしてもらうのが好きだった。両手で顔を撫でて「う~ん、いいねぇ」と笑顔で答えてくれる彼を見るのが好きだった。今日もチェックしてもらえるようにお願いしたが、手で顎を撫でる顔に笑顔はなかった。ナースが来たのでひげを剃ったことを伝え退室。

その足で無表情のM様の元へ。

隣に座り、彼女の脇にあった水分補給のゼリーを口に運んで差し上げる。

取り止めもない話をしながら・・・。

「私って馬鹿だから・・・」

同じ台詞を繰り返し口にしながらも、私が差し出すゼリーを黙々と召し上がる。

だがそこは慣れ親しんだフロアのお客様。

しばらくすると以前のように饒舌な彼女に戻り、笑顔が戻ってきた。

「あんた、うちで誰が待ってるの?」

「M様は?」

「誰もいないの。帰る家もないし・・・」

「何言ってるの。ここがM様のお家だよ」

「・・・」寂しく首を横に振るM様。

「そっか・・・ここは家じゃないのか・・・そうだよね。誰でもお家が一番だよね」

「で、あんたは?家に帰ったら誰か待ってるの?」

「猫が五匹」

「・・・プッ・・・」笑いのツボにはまったらしい。彼女は抱腹絶倒。呼吸困難に陥るほど笑い転げた。

笑ったね・・・M様。笑ったね。

それに釣られて夜勤明けの私までドツボにはまって笑い転げた。

笑ったついでに彼女を誘ってフロアを一周した。彼女は歩行器を使って私の後ろをニコニコしながら付いて来る。お喋りに花が咲く。

それを見ていたホーム長も笑顔。

1周してソファに彼女を座らせ、別れの挨拶しながら手を振ると、彼女も笑顔で手を振ってくれた。

事務所でタイムカードを押す。

ホーム長と事務員さんにM様の近況を知らせ、笑いを忘れた彼女を笑わせようとお世話したことを話す。ホーム長も事務員さんもずっと気にしていたようだ。退院してきたじい様のおひげを剃ったことにも彼らは笑顔で感謝してくれた。

夜勤で疲れ果てた心が温かくなった。

笑顔っていいよね。

相手の笑顔を見るだけでこちらまで笑顔になる。

介護してるといつのまにかしかめっ面が多くなる。

でもお客様の笑顔を見ると、あぁ、この仕事をしててよかったと感じる。

お客様の笑顔のために働いているようなものだ、この仕事は。

 どんなに疲れていても、笑顔を忘れないようにしたいものだ。

百寿幸染六 024 
皆様、
大切な人&ニャンコさんと笑顔に包まれたよいクリスマスをお迎えください♪
 

icon_giftbox01green.gif 今月23日は職場のクリスマスイベント。
実行委員の私は休み返上で日々準備に追われております。
ミール委員として新年の食事の企画準備もせねばならず、そのため、更新も中々進みません。
コメントへのレスも滞ってしまうと思いますので、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、コメントを受け付けない設定での更新が多くなります。 ご了承ください。

icon_giftbox01red.gif しっかし、なんなんでしょうか、この風はっ!
まるで台風か、はたまた季節はずれの春一番か?
野郎共はまったく気にも留めず爆睡中ですが、体調を崩しているニャンコさん、
癲癇発作と闘うニャンコさんたちには辛いのでは?心配です。


コメント
この記事へのコメント
ほっこりと♪
薫さんは自分から進んでお世話してくれるから、M様も笑顔を取り戻せたのだと思うよ。おヒゲの爺様もきっと内心ではほっこりした気分になれたと思う。小さな事にも大きな喜びを感じられて、こちらも暖かな気持になれました。薫さん、ありがとね♪
クリスマスの精たちも薫さんを仲間だと思っているに違いない!
2008/12/22(月) 12:43:57 | URL | スタルカ #mWQBed8c[ 編集]
なんか、うるってきちゃいました。
薫さん~いかしたギャグだね~
この方は少しだけでも潤ったと思うよ。
いろんな人がいて、いろいろ大変だけど
皆に良いクリスマスでありますように。
薫さんもかわいこちゃん達と良いクリスマスを、
ついでに、来年もよろぴく~良いお年を~
バイキュ!
2008/12/22(月) 15:15:34 | URL | みひよ #i9TR/Ooo[ 編集]
心を尽くしたお世話だけでなく、本当に自然の笑顔が見られるのは、薫さんの愛のチカラですね♪

百さまを中心にこんな素敵な猫団子になれるのも、千太組の絆~あったかーい幸せな家族ですね~v-22
2008/12/22(月) 23:54:40 | URL | 宙 #UbCtKfmc[ 編集]
★スタルカさん、
クリスマスイベント、無事終了いたしました(泣)
流石に疲れました・・・早番だったからねぇ。
早朝5時起きで4.5時間超過勤務だったの。
ま、若い子達は連日猛烈に残業しまくってたけど。
あたしゃ、そこまではできんかった・・・。
後が怖いし(爆)
私を仲間と思ってくれるクリスマスの精って猛烈な残業魔なんか?(笑)

こちらこそ、ほっこりしてくださってありがとう。



★みひよさん、
みひよさんも介護経験者だったよね。
だったらうるっとくるかもね。
いろいろな人がいて大変だけど、楽しくもある。
単一だと色気がなさ過ぎよ(笑)
種種雑多なのがよろし♪
飽きないからね(爆)

みひよさんにとってよいクリスマスでありますように。
そして、よい新年を~♪来年も宜しゅうに~♪♪



★宙さん、
自然な笑顔が一番嬉しいですね。
肩の力が抜けてリラックスしてもらえるのが一番。
M様の仰るとおり、施設はお家ではないのです。
両親も同じこと言ってます。「ここにいなきゃ仕方ない。他に行く所がないのだから」と。
だからこそ、何とか少しでも和んでもらえるよう努力せねばと思うのです。

今年の野郎共の猫団子、ちとバラけてますが、ヒーターの上の暖かな猫ベッドやホカペを新規導入した年にしては、上出来でしょう♪
2008/12/23(火) 22:26:54 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
メリークリスマス♪
薫さん、ご無沙汰しております。
千太組写真集、ありがとうございました。
まだ術後の「あーだこーだ」がありまして、なかなか安定しませんが
構成員のまっすぐな視線に、笑みがこぼれています。
みんな良い表情です。

入院中同室だったご婦人が、白内障の手術をうけられて視界が開けたはずなのに、ため息ばかり。
「良く見えるようになったでしょう?」
「ええ、でもね・・・私、しわしわだわ。」
10年以上見えにくくて、久しぶりにはっきり見えた自分。
イメージと違うのに、ショックを受けておられたようです。
「お手入れして、可愛くお化粧して!見えるようになったんですもの、楽しいよ。」
「この年で・・・。」彼女83歳。
その時少しだけ、照れくさそうにほころんだ口元。
笑顔は灯り。暗闇の中でも明るくって暖かい。
千太組の灯りを目指して帰ってくる千太郎さんと共に
幸せなクリスマスを!
2008/12/24(水) 20:37:55 | URL | チビ君ママ #X6/8aJdU[ 編集]
メリークリスマス!
チビ君ママさん、
心温まるコメントをありがとう♪
同室だった83歳の女性、とってもカワイイ~ッ。
チビ君ママさんのエールに応え、今頃きっと鏡の前でお肌のお手入れや紅さししてらっしゃるわよ。そしてきっと微笑んでいらっしゃるはず。この仕事をしてると、幾つになっても色気と食い気は無くさないようにしなければと思います。緒先輩方を見習わなければ。

でもねぇ、見えるようになると見たくない物まで見えてしまってがっかりする気持ち、
痛いほどわかるわ(号泣)眼鏡掛けなきゃとっても綺麗な我が家・・・眼鏡掛けた途端にあんまりの汚さに絶句・・・そして、さっさと眼鏡を外す毎日です。え?掃除すりゃ良いだろうって?あはあは、そこはほら・・・ね?(滝汗)鏡に向う時は「絶対」眼鏡掛けません!

写真集、お気に召していただき感謝です。

眼はゆっくり養生されてくださいな。無理は禁物ですよ!
2008/12/25(木) 11:45:06 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック