薫の野郎猫的日常
2006年07月27日 (木) | 編集 |

早番の今日、いつものように4時起きしてテレビを見る。


最近の日本語が乱れている・・・らしい。


「怒り心頭に達する」・・・あら、違うの?


「一番最後」・・・あれ、これでいいんじゃないの?


「元旦の夜」・・・ん、どこがおかしい?


などなど、よ~く考えたら「?」だけど、案外使っている表現沢山あるな~。


TVのコメンテーターが「平安時代からず~っと日本語が乱れ、そして今の日本語があるわけで、言葉は時代と共に変化すべきもの。一概に間違っている、乱れていると批判すべきでない。『一番最後』など本当に最後の最後というような強調すべき時に使えばそれはそれで理解できる」と言っていたが、私もその意見に同感。


私らが若かった頃、明治、大正、昭和初期の世代は「今の若いもんはっ」と眉根をひそめ、そして今、平成生まれの若者の言葉に私らの世代が「日本語が乱れている」と苦言を呈する。


ま、私なんかはどっちかと言えばその乱れた日本語を何の疑問も持たずに使っているんだけどさ・・・。


私の大好きな言語学者、金田一春彦さんも「歴史が証明しているようにこれからの日本語は現代の若者が作っていく」現代の若者言語をどんどん取り入れ、国語辞典監修していた。


英語だってシェークスピア英語は「古典」である。ラップ英語やスラングなんて辞書引いても載ってないし。


どこの国でも言葉は日々変化しているのだ。


私たちが高齢者になる頃、そして100年後。この国の言語は一体どう変化しているのか・・・メチャ興味あるんすけどぉ(笑)


コメント
この記事へのコメント
日本人なのに~
漢字をあまり知りません。勉強不足ね。エジプトの壁画に今の若い者はって書いてあるらしいから、ものすごい昔から言葉は不安定なんですね。言葉は大切なのについ失礼な事いっちゃう私です。難しい事は分んないけど、人をきずつけちゃいけないよね。気をつけないと。バイキュ!
2006/07/28(金) 12:45:33 | URL | みひよ #i9TR/Ooo[ 編集]
みひよさん、
へ~。エジプトの壁画にね~。
今も昔も変わらないのね~。面白いね。
そうですね。
言葉は生き物だから変化するものだとしても、人を傷つけないようにしなきゃね。
2006/07/28(金) 20:00:30 | URL | 薫 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック