FC2ブログ
薫の野郎猫的日常
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2021年02月26日 (金) | 編集 |
幸四郎(実は彼も現在、闘病中です!)、六輔に続き、今度は七海が病院のお世話に!

昨日の朝1回、そして今朝、数時間のうちに3度続けて食べては吐きを繰り返したので、朝1番で注射のため受診した六輔を連れて帰宅し、トンボ返りで七海を連れて病院へ!

ま、彼も10歳。

このところ年単位で病院には連れて行っていなかったから、健康診断を兼ねて丁度良かった。

血液検査、レントゲン、そしてエコー。

結果はどこも異常なし。

気になる個所は大腸が弛緩していてダラ~ンとしていること。

こうなる原因としては、
①遺物誤飲
②膵炎
大きく括るとこの2つらしい。

で、
①は子猫の頃、保護主さんが持参したぬいぐるみのしっぽを食いちぎって呑み込んだ前科有りなので、可能性ゼロではない。もし誤飲でも、なにを呑み込んだのかはっきりしないので、造影剤を飲ませて流れをチェックしてみる方法しかないらしい。
②は血液検査の結果で可能性はゼロに等しい。

先生と相談し、①の検査をしてもらうことにしました。

一泊お泊りして、胃腸のメンテナンスも並行して行ってもらいます。

続くときは続くねぇ(笑)

S0773166.jpg
久々に思い出の1枚を!
頑張れ、にゃにゃぁ!

★20時過ぎに先生より電話。造影剤での検査で見る限り、どこにも閉塞はなかったそうです。ただ、抱っこすると「うっ!」と声を上げ、吐き気を催すような感じがある、と。なので、これから胃腸のメンテをしながら、便が出たら中身をチェックして異物が出ないか注視する、と。先生、きっと今日は寝ずの番だね。にゃにゃぁのこと、よろしくお願いいたします!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する