FC2ブログ
薫の野郎猫的日常
2018年08月24日 (金) | 編集 |
★参照記事
⇒【区長へのメール】世田谷区民・吉森照夫弁護士の区民相談員資格剥奪を!⇒2018年8月14日、区からの回答を追記しました。⇒2018年8月23日、後日談。 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2423.html

下記の通り、「区長へのメール」を送りました。
*** *** ***

【ご意見等のテーマ】 「区長へのメール」の役割への疑義
【ご意見等の内容】 「区長へのメール」にて、これまで世田谷行政に対し幾度も声を発してまいりましたが、私が望む内容の回答ではなく非常に憤慨しております。最近の例として【区民の声30-0960】。日本ボクシング連盟協会常務理事で世田谷区区民相談員の吉森照夫氏に関する意見に対する世田谷区世田谷総合支所地域振興課長 竹内明彦氏の丸で区民を馬鹿にしたような回答。区長へのメール送信前、8月7日午前中のtwitter投稿に田中優子区議が反応、その場で竹内課長に問い合わせ「区としてもしっかり調べた上で、必要なら会に申し入れをする」との回答を引き出しました。その後押しをしようと7日と8日に区長のメール送信。なのに14日、区議への回答とは全く違った、内容のない回答を頂戴しました。なぜ区議に対するものと全く同じ内容の回答を頂戴できなかったのか?一事が万事。ドリバンの時には意見を述べた区民全員に同一文書のコピーを送りつける始末。本気で区民の問いに答える気はあるのでしょうか?存在価値はあるのですか? 



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する