FC2ブログ
薫の野郎猫的日常
2018年07月11日 (水) | 編集 |
★元看護師 混入法を使い分けか | 2018/7/11(水) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6289557 @YahooNewsTopics

この消毒液、普通はナースステーションや手術室で100倍に希釈して使用する。職場のドクターに聞いたがこの薬液の致死量なんて誰も知らない。病状等個人差があるから医療関係者でも明確な数値はわからず。考えたくないがこのナース、致死量を探るため以前から患者さんで「人体実験」していたかも、と。

実は私も何となくそう思ってました。偶然見ていたワイドショーに出演されてた小川泰平さんも同じようなご意見をお持ちのようです。でも残念ながら実証は難しい。大変難しいケースだと。あの病院は終末期医療専門病院で、多くの患者さんはドクターから「自然死」として死亡診断書を書かれており、当然ながら血液や検体はなにも残っておらず。小川さん曰く、このままでは最悪の場合、容疑者が裁判で証言を翻せば殺人罪ではなく傷害未遂とか信じられないほど軽微な罪にしかできないかも、と。先ずは一番最近の、死因がはっきりしているお二方のことを徹底的に調べること。証言を翻すことができないくらいきっちりとした証拠を積み上げること。

ただ、このお二方でもお一人は点滴バッグに直接薬液を混入、あと御一方は点滴カテーテルに注射針を刺して混入、と殺害方法が違う。これまた、なぜなのかわかっていない。

なにもかもが闇の中…

でも医療関係者の信頼が地に落ちたことだけは確か。

この事件以降、入院や点滴や注射を怖がる患者さんやご家族が少ない。

なんてことしてくれたんだよ、あの殺人ナースは!!!ε=(=`・´=) プンスカプン! 



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する