FC2ブログ
薫の野郎猫的日常
2018年05月17日 (木) | 編集 |



やっぱり脳梗塞関連発作みたいだね。
★西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」 https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805170000438.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから

脳梗塞は発作が起きるたび重篤になるから…。

藤原竜也が主役の吹き替えやった「ラマになった王様」(日本では東京ディズニーシー開園記念として2001年7月14日に公開)で、オリジナルをトム・ジョーンズが唄った主題歌を西城秀樹にお願いしてお仕事ご一緒したことあります。最高のシンガーですよ、彼は。ショックです。リハビリも順調でステージもこなされていたと思ってたのに…寂しい。悲しい。だめだ…心臓バクバクが止まらない…ショックだぁ。

リハーサル兼打ち合わせで何度も指定されたスタジオに行きましたが、普段はほんと普通の人。もの静かな方。ま、いいとこのボンボン、生粋のお坊ちゃまだからね。育ちが違うから仕方ないけど。ちょっと天然なところがあってチャーミングでした。だけど歌い始めたらもう「ヒデキ」そのものです。プロ中のプロ。レコーディングの時も納得するまで何度も歌いなおす完璧主義者でした。そういえば1回目の脳梗塞発作に襲われる2003年の2年前、2001年にお仕事ご一緒したわけだけど、打ち合わせは夕方3時ごろだったと思うけど、彼が店屋物のわかめうどんだったかなぁ、を食べていたのを思い出しました。不規則な食生活も体調を崩した一因だったのかなぁ。でもそんなこと言ったらあの頃のスターたちなんて全員脳梗塞になってなきゃいけないからね。きっと遺伝的な基礎体質(高血圧とか脂肪血症とか)に要因があったんじゃないのかなぁ。

↑の劇中歌ってものすごく難しい歌だったし、キーも高いし、誰でも歌えるわけじゃなかったから候補者も相当歌唱力がある方でないとお任せできなかったから、西城秀樹がOKしてくれた時はほんと助かりました。そのヒデキであっても四苦八苦した難解な歌だったけど、和製トム・ジョーンズとして完璧に歌っていただきました。抜群のリズム感&歌唱力でした。

お仕事ご一緒できてうれしかった。感謝してます。ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する