薫の野郎猫的日常
2018年05月07日 (月) | 編集 |
★井上堯之さんに続いて東海林修さんが…。私にとっての東海林さんはナベプロ、ジュリー、ステージ101(ヤング101)、シンセサイザー、そしてアレンジャーとしての彼。今じゃ普通だけど、昭和の時代の子供や若者にとっては垢ぬけた、洋楽っぽい歌謡曲、明るい未来を予感させる音そのものでした。

⇒【作曲家の東海林修氏死去】東海林 修氏(しょうじ・おさむ= #作曲家 )が4月30日午前10時35分、悪性リンパ腫のため死去しました。85歳でした。合唱曲「 #怪獣のバラード 」などを作曲。沢田研二さんが歌った「 #危険なふたり 」の編曲なども手掛けました。 http://ow.ly/Ohwo30jREVv 

※東海林修さんというといの一番に思い出すのがなぜかこの曲。この曲と東海林さんのアレンジが最初にジュリーとヨーロッパのイメージを結び付けた気がする。このオーケストラアレンジって当時全盛だったヨーロッパ映画とかポール・モーリアとかレイモン・ルフェーヴルとか言った日本で一時代を築いたヨーロピアン・グランドオーケストラっぽくないですか?


※ザ・タイガースThe Tigers/⑩嘆き (1969年7月5日発売)
作詞:安井かずみ/作曲:村井邦彦/編曲:東海林修


※沢田研二/④死んでもいい(I Would Die For Your Love) (1972年9月20日発売)
作詞:山上路夫/作曲:加瀬邦彦/編曲:東海林修


※沢田研二/③あなただけでいい (1972年6月25日発売)
作詞:安井かずみ/作曲:平尾昌晃/編曲:東海林修


※沢田研二/➓追憶 (1974年7月10日発売)
作詞:安井かずみ/作曲:加瀬邦彦/編曲:東海林修


※全曲、作詞:安井かずみ/作曲:村井邦彦/編曲:東海林修


※東海林さんとジュリーの共演。
東海林さん、テレビで顔出しされているのは、珍しいかも?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する