FC2ブログ
薫の野郎猫的日常
2018年03月03日 (土) | 編集 |
★「環境省がペットの災害対策ガイドライン改訂 同行避難と同伴避難の正しい理解を https://petokoto.com/1866

「※同伴避難もペットと同室で一緒に過ごすことを意味する言葉ではありません。」
って…

また誤った情報を拡散して…
環境省動物愛護管理室の則久 雅司室長さん。
熊本地震の時に環境省がtwitterで同行避難と同伴避難をごっちゃにした表現を使って混乱を加速させた。
環境省がこんな誤った情報を拡散してどうしますか!

「同伴避難」という名称、呼称は児玉小枝さんの完全なオリジナルのはず。
まさか勝手に使ってないでしょうね、環境省。

環境省は児玉さんに事前の了承を得てからのお話なんでしょうか?
でなければ更なる混乱を生むだけですよ。
だって、この記事に書かれている、環境省がこの説明会で言ってるのはすべて「同行避難」であって、彼らが「同伴避難」として説明しているのも全部、「同行避難」であって、決して「同伴避難」ではないからです!

522030_280338878738078_1509441020_n[1]
児玉小枝氏著『同伴避難』より

ここではっきりさせましょう。



「同伴避難」という呼称の生みの親は『同伴避難』(https://www.amazon.co.jp/…/dp/4798410934/ref=pd_rhf_gw_p_t_2)の著者、児玉小枝さんで、児玉さんが言う「同伴避難」はペットが飼い主とたとえ同室ではなくても、人間の居住環境である避難所や屋内(廊下、教室、物置、体育館、更衣室他)でペットを飼養すること。

「災害時、避難所へペットを“同行避難”したあと、ペットが家族の一員として受け入れられ、ペット連れの人たちが避難所内(屋内、室内)で安心してペットと“同伴避難”」これが『同伴避難』のコンセプトのはず。

この件、環境省に注意喚起&確認せねば!!

環境省(@Kankyo_Jpn)動物愛護管理室の則久 雅司室長が「同伴避難」を、生みの親で『同伴避難』著者、児玉小枝氏のコンセプトと全く異なった理解で使用されている記事を見つけました。児玉氏に事前の許可を得て使用されてますか?このままではますます国民、飼い主の誤解や混乱を招くばかりかと。


【参照資料】
★ペットの同行避難と同伴避難の違いについて|わんちゃんホンポ [おすすめレポート]
https://wanchan.jp/osusume/detail/3799 #わんちゃんホンポ
★【災害】同行避難と同伴避難|Wonderful Style
http://wonderfulstyle.jp/column/study/evacuate-with-dog/
★動物は避難所に入れない?「同行避難」と「同伴避難」の違い、知っていますか? – grape [グレイプ]
https://grapee.jp/172491
★同行避難?同伴避難?その違いとは ぱう
http://media.royalcanin.jp/I0000077/
★熊本地震で浮き彫りとなった、ペット「同行避難」と「同伴避難」のあいまいさ(2016年7月30日) - エキサイトニュース(1/4)
https://www.excite.co.jp/News/society_g/20160730/Cyzo_201607_post_20532.html @ExciteJapanさんから
★「ペット同伴避難」についてのアンケート結果(「同伴避難」~新潟からのメッセージ)
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1432.html
★「同伴避難」~福島からのメッセージ
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1433.html
★同行避難とは何ぞや?
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1553.html 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する