薫の野郎猫的日常
2018年02月26日 (月) | 編集 |
平成28年4月に発災した熊本大地震における同行避難と同伴避難の混同によって発生した被災地熊本におけるペット防災の大混乱…どう見ても環境省からして同伴避難と同行避難の違いを理解していない内容をtwitterで指示、被災地熊本で同伴避難に協力していながら自らの行為を同行避難と日本全国へ拡散した獣医、ほとんどの避難所が行っていたのはれっきとした同行避難であるにもかかわらず、同行避難=同伴避難と誤解、曲解した勘違い愛護団体や個人による被災直後からの八代市役所や熊本市役所、そしてあろうことか避難所にまでひっきりなしの迷惑電話やSNSを介する誤情報拡散行動やいわれなき非難…熊本地震でのあの混乱ぶりが無駄にならず良かった。

★被災者とペット「避難所で同室は無理かも」 環境省改定:朝日新聞デジタル ⇒ https://www.asahi.com/articles/ASL2R767HL2RUBQU01Z.html

被災した地域性などを考え、「同行避難」と「同伴避難」の明確な差別化等、だいぶ具体的な説明を明文化してくださるようですね。

※当時の混乱ぶりや警鐘、問題点等の詳細は拙ブログ「同伴避難/マイクロチップ」カテゴリー(http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html)をご覧ください。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する