薫の野郎猫的日常
2018年02月07日 (水) | 編集 |
今しがたtwitterのTLで見つけました。
早速、三戸郵便局宛に「郵頼」リクエスト出しました♪

★公益財団法人 日本郵趣協会@kitteclub
 2月6日
青森・三戸郵便局では、ねこの日を記念して漫画家・馬場のぼるさん「コロッケを食べるねこ」の消印押印サービスを2月18日(日)~2月23日(金)まで実施します。2月18日(日)は猫の手も借りて、「ミャンのへ郵便局」と名前も変えます。

※この消印の郵便物を手に入れるには
⇒【郵頼送付先等】
・〒039-0199
青森県三戸郡三戸町八日町15-2 三戸郵便局 あて
・郵頼は余裕を持ってお申し込みください。
・押印の指示内容、お客さまの電話連絡先をご明記ください。
・返却が必要な場合は、返信用封筒等を忘れずに同封してください。
DVU4gqDU0AEOq6M.jpg
このイラストは…

「とある町にコロッケの店を開業したトラネコ大将らネコたち。店は大繁盛、閉店後は毎晩売れ残ったコロッケを食べて生活しており、当初は彼らもこれが楽しみであったが、次第にコロッケを食べるのにも飽き飽きし、「おいしい鳥の丸焼きが食べたい」と嘆く始末。
するとその時、11ぴきの前に旅の最中だった一羽のアホウドリがやってきた。そこでコロッケをご馳走になったアホウドリは、「こんな素敵なコロッケを国の兄弟にも食べさせてやりたいものだ」と感激。トラネコ大将たちはアホウドリ達を鳥の丸焼きにして食べようとコロッケを作ると約束し、気球を飛ばしてアホウドリの案内で彼の故郷へと向かうが・・・。」

1002.jpg 
『11ぴきのねことあほうどり』
馬場のぼる著作の『11ぴきのねこ』シリーズの中の1作。
1972年出版。

これですよね?
どんでん返しの結末とシュールな笑いのこの1篇。
大人になっても、わたし、好きです♪
 
コメント
この記事へのコメント
馬場のぼる
大好きです。子供のころ映画もみました。数年前はうらわ美術館で原画展も行きました~
2018/02/07(水) 22:38:24 | URL | みっひー #WCSj23LI[ 編集]
みっひーさんへ
私も馬場さんが描く動物、とくに猫が愛おしく、なぜか胸がきゅんとして大好きです。
2018/02/08(木) 00:09:01 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する