薫の野郎猫的日常
2018年01月31日 (水) | 編集 |
今本医師は東北での大震災の際、産業動物の殺処分にも実際に向き合った方。

 311時の彼が綴ったtwitterやブログには、被災地と被災動物たちに対する国や行政の向き合い方への憤りや苛立ち、そして諦めや前向きな意気込み等、その時、被災地で実際に起きていること、起きつつあることが毎日、率直な言葉で素直に表現されたレポートがぎっしり詰まっていて、時に目を背けたい気持ちと闘いながら、でも毎回、貪るように読んだ記憶があります。

机上の空論や理想論もいいけど、こういう実際の、現実的、具体的なお話が聞きたいのですよねぇ。

これまで起きた災害時、実際に被災地で活動していた獣医師さんたちをお呼びして勉強会しませんか?、とず~~~っと以前から、具体的な方々のお名前や連絡先をリストにして、繰り返し、何度も何度も世田谷区に提案しているのですが…「その内に」と言われつつ、まだ実現しません。

★災害時&犬の遺伝セミナーレポート(その1)
Scent Line Blog
2018年 01月 29日
http://scentline.exblog.jp/29207372/ 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する