薫の野郎猫的日常
2017年12月02日 (土) | 編集 |






★神戸港巨大ツリー 催事後伐採「神社の鳥居に」(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000000-kobenext-l28 @YahooNewsTopics
★オープニングセレモニー点灯式に槇原敬之が登場 神戸メリケンパーク「世界一のクリスマスツリー」 http://kisspress.jp/articles/15756/
★神戸・世界一のツリー、樹齢150年の大木を伐採して「考えて」→炎上 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11284 @WEDGE_Infinityさんから
★“世界一に”神戸のツリー点灯式|NHK 関西のニュース http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20171202/3164091.html
★「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~」記者会見を開催!プラントハンター 西畠清順が挑む史上最大の樹木輸送、光り輝く世界一のイベント... https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028879.html @PRTIMES_JPさんから
★フェリシモ‏ @FELISSIMO_SANTA
11月30日
「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」についてのご意見とご質問を受けまして、弊社のプロジェクトとの関わり、および今後の協力のしかたについて、ご説明をさせていただきます。くわしくはこちらをご覧ください。
https://www.felissimo.co.jp/contents/lp/
★「あすなろの木について寄せられるご意見等について 〜清順より大切なメッセージ〜」★このイベントの主催者、プラントハンター西畠清順氏のページ
http://soratree.jp/

DP8ssXFVwAIFaUG.jpg 
東京新聞(2017年11月25日)
★神戸に世界一の生きたクリスマスツリーが設置【動画・写真】: https://jp.sputniknews.com/japan/201712024339160/ @sputnik_jpさんから

fc2blog_20171203093230d2b.jpg 
この話を聞いたとき一番に頭に浮かんだのが「花とおじさん」、「キングコング」、そして「モスラ」だ。大勢の見物客が見守る中、2日の日没時に有名人のミニコンサートと、けたたましい花火の連打と、原色に近い色の洪水のようなライティングに照らされたあすなろの木が、自分の意に反して故郷から遠く離れた都会のど真ん中に連れてこられ、眩しいスポットライトと人々の嬌声の渦に晒されたキングコングでありモスラの卵の姿に重なった。

プラントハンターはあすなろの木が「私をここから出して。外の世界へ連れて行って。そして最期を見届けてください。」と囁くのを聞き、願いを適えようとしているのか?それとも、キングコングやモスラに登場するイベント屋のように、未開の土地で発見した未知の生き物を、現地の人を騙し、自然を蹂躙し、金儲けのために都会へ連れて来て見世物にしているのか?

イベントに足を運んだ人の情報によると、イベント会場には露天のような店が出ていて、そこにはプラントハンターがあすなろの木を見上げている姿を使用したクリアファイルが売られていたそうな。「神戸淡路大震災への鎮魂」の意味もあるツリーに飾るオナメントの反射板は観客が有料で購入し、そこに願い事を書いて飾るんだそうな。

花を摘んだおじさんは約束通り、花の命が終わるのを見届けたけど、このプラントハンターは?

モスラは幼虫に命を託し果てるし、コングは人間の女に恋をし、都会で悲惨な最期を遂げる。でもそれでもコングもモスラも果てる瞬間まで思い切り暴れ、自分勝手な人間にリベンジすることができるけど、樹は物言えず、逃げられず、ただただ人間の言うがままに従うしか術がない。

150年、富山の山中でひっそりと生きてきたあすなろの木が、一人のプラントハンターの手で掘り起こされ、氷見漁港から船に乗り神戸港へ。そして潮風吹きすさぶ港に鉢植えされ、「世界一のクリスマスツリー」ギネス記録挑戦を兼ねたクリスマスイベントに使用され、花火や電飾やオナメントでデコられ、クリスマスが終わったら伐採され、バングルに加工され売り出されるはずが、炎上騒ぎに怖気づいた西畠氏の商売仲間、販売元のフェリシモが白紙撤回。イベント発表当初はバングル以外は「未定」となっていた再生利用法。なのにバングルに加工して販売する話が白紙撤回されたと同時に今度は「最初から決まっていた話」として神社の鳥居の柱に、という話が急浮上。どこまで胡散臭いんだ。キリスト教のイベントに使った後に伐採して神社の鳥居に使う?何の考えもなしの「使い回し」にしか思えない。本気で祟られるぞ。長崎のハウステンボスから断られたから神戸へ、という話も漏れ聞こえてきます。民放の人気番組「情◎大◎」とのタイアップも企画されているような噂もあります。電通がらみ?どこからどこまでお金の臭いがプンプン。金儲け…。

忽ちネットで大炎上。プラントハンターとイベント関係者に対する「疑惑」「不審」が全国に広がり、批判の声が上がっている。

「応援してくれる人や団体に心配や迷惑を掛けたことは謝罪するが、世間に謝っているわけではない。ツリーを見るのが嫌な人は見なければいい」という発言でもわかるように、プラントハンターは昔からある職業っていうか一種の冒険家だと個人的には思ってる。好奇心旺盛な冒険家って聞こえはいいけど、未知のものを既知のものにする=我が物にするメンタルがないと務まらない。昔なら王侯貴族の娯楽趣味を満足させるため&領土拡大のために未知の土地に行き、そのついでにその土地のあらゆる珍しい植物を集めては母国へ持ち帰る。海を渡って未開の土地に降りては侵略を繰り返したヨーロッパ人が多いのかな?西畠さんも、つまりはそんな「侵略者」のメンタルの持ち主だと思うから、普通一般人とは相いれない考えの持ち主。樹木=木=気=鬼(神)、八百万の神の棲む場所として考えて恐れ敬う日本人には理解不能な職業よね。

今日12月2日にツリーの点灯式が催され、No1にならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン、と発信して日本中を感動させた槇原敬之が、「世界一」に拘るツリーのために唄う?なにからなにまでがっかりなイベントだね。有名人を客寄せパンダにして盛り上げる方法がピースワンコそっくりでゾクッとする。

150年育った土地で果てる自由も許されず、この樹は見世物になった後に伐採される。


コメント
この記事へのコメント
NoTitle
私は手塚マニアなので森の伝説を思い出した。家は氷川参道沿いなので埼玉の都会なのに欅並木が2キロほど続いています。樹齢100年越えただろう大木もアスファルトの参道にあって~とても美しい並木です。でもどんどんマンションばかり参道に並んで木も農大出の従姉妹がああ~きのこやら苔生えてるからダメージ大きいね~って言ってました。
大きい参道の木は神社のものなので定期的に少し伐採してます。
でも道路の並木見たいに(埼玉やたら欅並木が多いの)大量の小鳥ちゃんが来るから丸坊主に枝切るとかはないのだけど。私は道路の木が可哀そうでなりません。
枝切られた欅は幹から葉が出るんですよ。がんばって生きてるんだな~って切なくなります。
森の大木が人間どもに切られて本当は可哀そうなのか分らないけど。
私の大好きなおじゃる丸の話に千年前におじゃるが気まぐれにどんぐり植えたら大木になり寿命になる頃に木の精の汚い爺さんになってお父さん逢えて良かったと5歳児のおじゃる丸に言う話があるのですが~とても泣けるのです。馬鹿な人間ごときに切られても私はきっとどんな扱いでもゆるしちゅう感じが木にはある感じがするのよね~
でもこのイベントは嫌いだけど。
2017/12/03(日) 16:40:02 | URL | みっひー #WCSj23LI[ 編集]
みっひーさんへ
このイベントだって最初っから金儲け、世界一、ギネスへの挑戦と生臭さ全開の本音でやってれば、こんな炎上にはならなかったと思うんです。でもこのイベント、「震災からの復興」「復興への祈り」そして「杉にはなれなかった落ちこぼれの挑戦」と変な入り方したからみなさんカチンときたと思うんです。偽善なんですよ。
2017/12/04(月) 11:25:06 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する