薫の野郎猫的日常
2017年11月29日 (水) | 編集 |
今回の暴行傷害事件を受け、日馬富士が引退を表明。
でもさ、横綱引退で手打ちしていいのかな?
この問題の一番の根っこ①同窓会の席だとすればなぜ無関係な白鵬、日馬富士、鶴竜の3横綱がいたのか?②日馬富士が暴行した理由は?③白鵬も鶴竜もなぜ日馬富士暴行を流血まで傍観・放置していたのか?、がまだ解決してないけど。
ここを解決せねば問題収束は無理!

日馬富士だけ悪者にしてしまっていいのかな?
貴乃花親方は、別に日馬富士を引退に追い込むことがゴールじゃないはず。もっと根っこは深いよ。そこいら辺を明らかにするために警察に駆け込んだんじゃないの?この問題は相撲協会じゃ絶対、解決できないと最初から踏んでたから、だから協会には連絡せず警察に被害届を提出したんだと思うよ。

もうこうなったら貴乃花親方主催、ガチンコ相撲上等!の新日本相撲協会設立もいいかもね。

でもまだ相撲界の方が健全かもよ。世田谷区は中学生に暴力をふるった日野氏を保坂展人区長をはじめとする世田谷区行政が大切に守って、未だなにひとつ社会的制裁を受けさせていないもの。

しっかし、今日の引退会見を観てぞっとしたよ。目下で弱い立場の、絶対刃向かってこないとわかっている、無抵抗な相手に頭部裂傷を負わせたのに「目下の者に礼儀礼節を教えるための行為が行き過ぎてしまった」と、まるで世田谷区中学生暴行事件の当事者、日野皓正氏や、暴力や体罰を厳しく批判していたはずの元教育ジャーナリストなのに、なぜか日野氏を擁護する保坂展人世田谷区長ソックリな発言なんだもの。あれかな?暴力容認派の人たちって、考え方が根底で繋がってるのかな?

横綱の親方であり師匠の伊勢ヶ浜親方も会見場の横綱の隣で泣きながら「なんで、こうなった」って…角界に今も「可愛がり」が根強く残っているからじゃないですか?右も左も何もわからない十代の頃から狭い世界である角界に入って、上から可愛がりを受けて育てば、こんな考え方の力士が育つのは当然では?師匠がそんなこともわからないようでは今後も力士の暴力事件は後を絶たない。 

今回の事件ではっきりしました。世田谷区も暴力容認のまま子供たちを教えてたら、その子供たちも日馬富士のように、何の疑いもなく、当然のこととして、目下の者を平気で「可愛がり」する大人に育ちますよ。

角界は急がず焦らず、今度こそ、ここは時間をかけじっくりゆっくり考えて、「いろんな膿」を出し切って、問題の原因究明と再発防止策策定のため汗を流してほしいですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する