薫の野郎猫的日常
2017年09月13日 (水) | 編集 |
保坂区長(@hosakanobuto )、
会見中あの中学生の心が傷ついていないと判断されました。

では、ドリバン(@jazzforkids )卒業生や現メンバーと思われる子たちはなぜ日野氏擁護はしても誰一人としてあの子を気遣ったり庇ったりする投稿がないのですか?

子供は大人を写す鏡。

「暴力は絶対許されない」と教えてもらえなかったあの中学生やドリバンメンバーたち。

大人が保坂区長や教育委員会そして日野皓正氏のような考えで、ドリバンは学習の場と言えるのか?
世田谷区の子供たちにとって良い環境なのか?
技術は磨けても心は?
人間学習は?

一番必要な事を学べるか甚だ疑問です。

区長たちがあんな無責任な、間違った見解を出したのですから、あの中学生、下手するとバンドメンバーや卒業生から苛められますよ。そうじゃなくても孤立する。(親からDVを受け、学校では同級生や教師から苛められた私の経験談です)だとしてもあの中学生は保坂区長たち大人から「お前が悪い」と言われたも同然のことをされたので、なにをされても「自分が悪い」と思ってますから死んでも苛められていることを大人には話しません。ずっと大人になってもこの背負わなくてもいい重石を背負って生きていくことになります。

日野氏も教育委員会も保坂区長も誰もかれも、あの中学生そしてドリバンメンバーや卒業生たちにとって一番大切なこと「子供は親だけじゃなく、国や自治体から守られる存在。暴力は絶対に許されない。暴力は愛ではない。」ということを教えず、教える機会を悉く逃していることを自覚していない。

罪深い。

20日から始まる世田谷区議会。
もちろん、全会派、超党派で11日の保坂区長会見でのあの日野氏世田谷中学生暴行事件に対する見解について糾弾されるのですよね?

区長による「世田谷区、児童に対する暴力容認特区宣言」に党として、そして一人の区議として賛同されるなら別ですが。

世田谷史上、最悪の区長会見後ですから、荒れるでしょう。
荒れなきゃおかしいですよ、区議さんたち!

区内に住む中学生の人権問題です。
今質問しないでいつするの?ってくらいの緊急事態なんです。
日頃から世田谷区民のことを考えている区議さんなら、あの記者会見のことで質問糾弾しなきゃいられないはず! 

質問者順番表を見ながら、せっせとFAXしたりメールしたり忙しい。

いくら自民党や公明党の世田谷区議団だって、こんな一大事にまさか別の質問するとは思えないけどね(棒読み)。

いったい20日からの世田谷区議会で何人の区議さんが、あの件で質問&糾弾してくれるのやら。

まさか、世田谷区と区民の一大事だってのに、「いつもの顔ぶれ」以外、誰も質問しないなんて悪夢は起きないよね?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する