薫の野郎猫的日常
2017年09月11日 (月) | 編集 |
保坂区長の見解がやっとこさ出ました。
が・・・
やっぱりね。

「有名人、無名の一般人の分け隔てなく、大人が子供に暴力をふるうことはどんな理由があろうといけないこと!」の一言がどこにも見当たらない、社会人として、大人として、そして教育ジャーナリストの観点ゼロ、危機意識ゼロのご回答。

日野氏から暴力を受けたお子さんとお父様が頭を下げて、世田谷区も日野氏もその謝罪を受ける側、あの動画を流し続けて傷つくのはこの父子とし、悪いのはすべてこの中学生と言っているような言いぐさ。そして日野氏の会見での「あんたら(マスコミ)がこの件をやればやるほど、傷つくのはあの子だ」の無茶苦茶な論理そのものを、そっくり踏襲する念の入れよう。

区長がもし良識ある大人ならば、まずはドリバンの子供たちに「世界的な有名音楽家であろうと、無名の音楽教師であろうと、誰であろうと、どんな理由であろうと、大人が子供へ暴力をふるうことはいけないこと。許されないこと。貴方たち子供の人権は国と法律で守られています。」と教えることが最優先では?

「行き過ぎた指導であって暴力ではない」で押し通すのですね。
あの中学生がバンドに参加した1年前から日野氏による暴力が始まったことは、なかったことに?
そして日野氏も「今後は気を付ける」だけ。
氏の会見で「あの中学生には必要とあれば今後もビンタするよ」と明言されたことは、なかったことに?

今後も日野氏続投を決めたのなら、区長たちのような氏とのただの口約束ではなく、トッププレイヤーであろうがなんであろうが、オールOKの白紙委任なんてものはあり得ないんだから、世田谷区民の作家 松井計氏からのご提案のように、
①この事件を契機に新規更新契約書を結び、
②暴行を反省し止めると約束すれば講師契約続行、
③ただしこの事件を契機に、日野氏が参加する練習、リハーサルこのイベントと利害関係の一切ない「第三者」によるチェック、もしくは日野氏の練習、リハーサルはすべて動画で区民に公開し、
④再度、暴行した時点で解約の条件をつける。
⑤日野氏が暴行を肯定するのであれば、新規契約を行わない。
くらいは最低限でも行って頂かなければ。

★「ギリギリ体罰ではない」保坂展人・世田谷区長、 日野皓正さんの“往復ビンタ”で見解 http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/10/hosaka-hino_a_23203744/

★日野氏平手打ち問題、世田谷区長「事業継続を応援」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK9C5FD8K9CUTIL02X.html

★保坂展人‏認証済みアカウント @hosakanobuto  
日野皓正さん校長のドリームジャズバンド発表会をふりかえって http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/hinoterumasasanwokochotosurudorimujazubandohappyokaiwofurikaette_a_23203867/ … 参加を希望する中学生たちが講師から、ジャズを学んでいくワークショップ」は教育委員会が主催しています。 一方の私も、行政トップとしてドリームジャズバンドの子どもたちを見守り…

★ 日野皓正さん校長のドリームジャズバンド発表会をふりかえって
http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/hinoterumasasanwokochotosurudorimujazubandohappyokaiwofurikaette_a_23203867/


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する