薫の野郎猫的日常
2017年09月11日 (月) | 編集 |
2017年9月11日に保坂区長より見解が出ました。最悪の結果です。今日から世田谷区は児童への暴力容認になりました。世田谷区長があれは暴力ではない、「ギリギリ体罰ではない」と言ったのです。最悪。悪夢です。信じてたのに。誇りに思っていたのに。もう終わりです。保坂展人氏は私が思っていたような政治家でも教育ジャーナリストでもなかった。がっかりですよ。



「あんまり言及したくない例の一件だが、殴ったのは、それは経緯を問わず、悪いに決まってるけど、僕がやるせなかったのは、特にその直前の「なんだその目は!」という一言だった。あの言葉とセットになった、昔の暴力の記憶が際限もなく蘇って来て、憂鬱。」(作家 平野啓一郎氏)

「あの事象を受けて、安易に暴力を容認するようなことを無責任に言い放った全ての人に伝えたいだけだ。
あの件が全くの無名人、例えば学校の先生の振る舞いであっても同じことが言えるのか?」(アコーディオン奏者 長坂憲道氏)

 「ビンタの件、モヤモヤしてたのがやっとわかった。両者が納得してるからよしとするならば、世の中のハラスメントのほとんどを肯定してしまうことになるから、だからこそ第三者の倫理観が大事になるんじゃないか。ジャズ界のモラルが世の中から浮いてて時代錯誤なのが露呈されて悲しかったんだ。」(ジャズ・シンガー 川本睦子氏)

「そもそも、各市区町村の教育委員会が、ジャズを指導する必要があるのかっていう」「ジャズみたいな自由なものを、わざわざ地区の中学生集めてみんなで勉強させて発表するっていうセンスが、世田谷っぽいなっていう」(マツコ氏)


作家の平野啓一郎氏たちの声が次々上がってまいりました。私もそうですが、過去に受けた暴行の忌まわしい記憶の扉がこの事件によって無理やりこじ開けられた人、現在進行形で大人からの暴力にじっと耐えている子供たちが日本中にいて、勇気を出して「子供への暴力はあかん!」と声を上げています。世田谷区行政、保坂区長、そして子どもへの暴力容認の片棒を担ぐ世田谷区議会議員たちは、ご自分たちがどれほど間違ったことをしているか、しっかり受け止めてほしいですね。

★ジャズファン目線からの日野事件 http://pmazzarino.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
思った事をブログにまとめた。Jazz Vocalist 川本睦子 Mutsuko Kawamoto Blog: ビンタ事件とその報道と反応について思った事 http://muzco.blogspot.jp/2017/09/blog-post.html?spref=tw

*** *** *** ***

#拡散希望
【日野皓正氏中学生暴行事件へ、あなたの「あかん!」を届けて!】

保坂展人世田谷区長殿(@hosakanobuto )
いつになったらこの事件に対する世田谷区の総括をお聞かせいただけるのですか?

◎「せたがや文化財団」http://www.setagaya-bunka.jp/about/address.html 


コメント
この記事へのコメント
ハフィントンポストの保坂区長の弁明? 弁解の記事読みました。よくぞ、ぎりぎり体罰ではないと言ってくれました。すごい、すごい。世田谷は体罰も暴力もみとめますよ〜!!当たったか、当たらないかの問題ではなく、髪の毛掴んで頭振ってるし。もう、あきれてあきれて。保坂を応援することも、支持することも2度とありません。すぐにやめてほしいくらいです。世田谷の面汚し。
2017/09/11(月) 18:46:45 | URL | #-[ 編集]
区長だけじゃなかった
世田谷区議会も無所属1人、共産党1人以外、自民、公明、民進他全員が保坂派ですよ。20日から始まる世田谷区議会で質問者と質問内容が発表されましたが、2人以外は、誰もあの件で質問する区議はいなかった。これのどこが「民度の高い世田谷区」なんでしょうね。悪夢ですよ。
2017/09/14(木) 03:17:50 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する