薫の野郎猫的日常
2017年09月02日 (土) | 編集 |
日野さんのビンタ事件を語る方々は、みなさん大切なことをお忘れですよ。

当日の会場には安くないお金を払って見に来ていた500人以上の大人と子供たちがいました。

彼らの意志とは全く無関係な理由で、あの修羅場を見せられた(見る羽目になった)観客のなかにもDV被害に似たメンタルになった方が必ず複数人いらっしゃるはず。

日野さんのやったことは、件の中学生と日野さんだけの問題じゃない。

ステージ上にいた他の生徒たち、その親御さんたち、そして多くの観客たちに多大な心の被害をもたらしたということを忘れちゃ困ります。

日野さん、貴方はいったいなんてことをしてくれたんですか。

そして、今後も継続してビンタは続けると仰る。

主催者の世田谷区と教育委員会はそんなことを許すんですか?

だとしたら、区の行政はいったい誰を向いて政治しているんですか?

あなた方も安倍政権と同じですか?

誰も世田谷区民じゃなく有名人を守るため動いてるんですか?

日野さんは昨日、ご自分の意志を語ってくださったのですから、世田谷区も、いつまでも黙っていないで公の席に出てきて、区民の問いに明確な返事をしなさい!

そうです。

「正しい暴力」だから保坂区長と教育委員会は長い間、沈黙を守り、子供の人権より「正しい人」を守ってきたのです。

行政からがっちりガードされたお蔭で、誰に知られることもなく「正しい暴力」をふるい続けてきた「正しい人」はこれからも、父と子の絆で結ばれた他人様の子供に堂々と暴力をふるい続けるとカメラの前で明言しました。

教育委員会の陰に隠れて舵を取る区行政、区長、そして世界的有名人という巨大な権力の下で人質にされた子供の将来。

子供の実の父は、異論を唱える勇気などもてる筈もなく、忖度するしか術がなかったことでしょう。

もしかしたらあのステージ上での常軌を逸した子供の行動だって、蓄積されたストレスの発散とか、あの子なりの精一杯の権力に対する反抗だったかもしれず。

もしあれがストレス発散だったら、目的はほぼ達せられたので今頃あの子、異常なくらい晴れ晴れとしてるかも(笑)

しっかし、その人の記憶に残る「正しい暴力」って普通、その人にとって人生1回こっきりの暴力だよな?

え?

まさか、少なくとも1年前から同じ相手に何度も繰り返し暴力振るってきたし、今後も変わらずビンタは止めないってマスコミの前で明言したこと知らないで暴力の正当化発言してるのですか?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する