薫の野郎猫的日常
2017年09月02日 (土) | 編集 |
時間を忘れ、今まで関連記事や投稿を読み漁ってました。

今回の日野皓正氏のビンタ騒動(事件?)で、この国に体罰(暴力)擁護してる人、件の中学生をバッシングする人がどれほど大勢いるか、嫌というほど思い知り、暗澹たる思いです。

なるほどね。こんなんじゃ、この国から体罰やいじめがなくならないはずだわ。

で、素直な疑問。
今回の日野皓正氏とまったく同じことを、無名の優秀な音楽教師がしたら…世間の反応は日野氏のものと、まったく同じだったろうか?

ま、普通に考えたら、その無名の優秀な教師は再起不能なまでにコテンパンの「袋叩き」「晒し者」になるだろうね。

つまり今、日野氏の暴力行動を擁護し、件の中学生をバッシングしている人たちは、日野氏が世界的に有名な音楽家という理由で、彼の名声に拍手を送り、有名な氏にはむかいたてつく生意気な中学生だから暴力振るって黙らせてもok、氏にビンタ張られてありがたく思え、いい思い出になるぞ、ってこと。

★ ダンス振付師は共感 日野皓正氏の“往復ビンタ”に賛否両論
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/212689 #日刊ゲンダイDIGITAL

危惧していたことがもう始まってる。

「暴力は新たな暴力を産む」。

世界的に有名な日野氏が暴力(体罰)行動に走ったことにより、氏を擁護する多くの支持者が、氏の行動を、新たな体罰容認行動の裾野を広げるいい訳にしようとしています。

ヒノテルさん、パンドラの箱を開けちまったかも?

世界的に有名な日野氏を冠にした「ドリバン」をなんとか継続させたいばかりに、この13年間、無名だけど優秀な教師なら一発退場、アウトな日野氏の行動に「見ざる、聞かざる、言わざる」の三無主義を貫いてきた保坂区長と世田谷区教育委員会は、今回の日野氏の「暴走」で巷に拡散&加速してしまった日野氏の暴力(体罰)支持&擁護の流れをここで止めておかないと、あっという間に「行き過ぎた指導」のどこが悪いという流れが加速し、日野氏と世田谷区だけの問題では済まなくなり、取り返しがつかない大変なことになるんじゃないですか?(もうすでに収支つかなくなりつつあると思うけど)

拙ブログにも書きましたが、実は私もDV受けて育った子供ですから…今回の動画や、子供と父親の「権力に忖度した」としか思えない優等生的コメント、責任回避に四苦八苦する世田谷区の対応、あんな子供を黙らせ、言うこと聞かせるには日野さんのあの行動しかないみたいな暴力容認に傾く世間の反応、SNSに飛び交う数々の無責任なコメント、そして何よりも日野さんご本人の「父と子のような深い絆がある間柄での体罰を肯定」する昨日の会見内容で悪夢再び、なんですわ。ま、私の場合は母でしたけどね。もう勘弁してって感じです。

日野皓正さん、まさかDV体験者じゃないですよね?実の親から(氏の発言から察するに高い確率で父親から)暴力受けて育ったとか…DV受けて育った子は暴力こそ愛情表現として肯定、大人になると子供に暴力をふるうようになる人多い。昨日の会見でも本人はあの中学生には今後もビンタすると明言してますしね。なら一刻も早く「ドリバン」プロジェクトから氏を外すべき。でないと今回みたく、深い愛情を感じる子への暴力、今後も果てしなく繰り返しますよ。

保坂区長(@hosakanobuto)
これ以上、世田谷区の子供たちを傷つけるようなことが起きませんように。
御英断を!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する