薫の野郎猫的日常
2017年08月12日 (土) | 編集 |
浦上天主堂 

父が被爆した長崎。

NHK-BSの「幻の原爆ドーム」興味深い番組だった。なぜ長崎版原爆ドームと言われた浦上天主堂は戦後9年目に壊されたのか。現代の私たちからすれば、残すべきだと思う。でもあの時代、悲惨な記憶を消し去りたい人々、一刻も早い復興を願う人々もいた。安易に犯人探しに結論付けない姿勢に共感。

長崎の原爆ドームである浦上天主堂がなぜ取り壊されねばならなかったか。金と権力。そして、アメリカは、偶然であってもキリスト教の象徴である教会に原子爆弾を落としたという記憶を消さねばならなかった。

取り壊しを主導した当時の長崎市長 田川務と(大)司教 山口愛次郎、行政と宗教のトップ達の渡米の謎。

もしあれが教会じゃなかったら…広島と同じ宗教的でない建物だったら、きっと今も残っていただろうね。

踏絵でキリシタン弾圧していた土地に建てられた浦上天主堂。そこが被爆した。神の怒りだと信者は苦しんだ。

だからこそ、原爆を忘れたい。同じ土地に新しい聖堂を再建したい。

戦勝国で豊かなアメリカの力が働いたのか?それとも故郷の事情と長崎の民の「真の願い」に寄り添ったのか?

本当は長く保存したかったのか?それとも何もかも新しくして再スタートを切りたかったのか?

自らも多くの親類縁者を原爆で傷つけられた二人がどのような気持ちで爆心地でかろうじてその姿をとどめていた浦上天主堂を取り壊すに至ったか…

広島と長崎。

被爆後、いろんな意味で全く違った道を辿った。それは今も、原爆忌での市長たちの平和宣言の内容にも表れていると感じます。

怒りの広島、祈りの長崎。永井隆先生の影響か?

広島同様、浦上天主堂も被爆した姿のままで残してほしかった、という言葉は今の平和で豊かな時代に生きるものだから言えることなのかも…当時の人々は心の中でそう思っても言えるような時代ではなかったのかも。


「たとえ明日世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。」
浦上天主堂の次に節子サーローさんのドキュメンタリーを観ています。
沈黙の閃光/ セツコ・サーロー


「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」始まりました。 原爆が投下された浦上地区。カトリック信者と被差別部落の人々は、戦後長く被爆体験を黙して語らなかった。

奇しくもBS1の浦上天主堂のドキュメンタリーにつながるような部分があったETV特集だった。浦上という場所はキリシタンの受難の歴史と被差別部落の人々の苦難という本当に重く複雑な歴史を抱えてきた場所だった。キリシタンと被差別部落という「二つの浦上」。迫害、差別という風土が長く浦上にあった。それだけでなく、迫害されたキリシタンと彼らを迫害してきた部落民という二つの浦上の中での対立。加えて彼らを迫害、差別してきた長崎市民。移住してもなお差別してくる日本国民。根が深過ぎる。

長崎市は「被差別部落はない」と発表。原爆投下の浦上地区には、靴製造の被差別部落「浦上町」があったのに。東洋一の美しいお御堂がある浦上上空に原爆が投下されたのは、小倉が曇りだったから。第2候補地の長崎が晴れていたから。原爆投下を機に、被差別部落「浦上町」はないことにされそうになっていた。

怒りの広島、祈りの長崎。
永井隆先生の影響か?
※日本基督教学会第64回学術大会、広島女学院大学で開催(2)なぜ「怒りの広島、祈りの長崎」なのか? : 神学・教育 : クリスチャントゥデイ http://www.christiantoday.co.jp/articles/22143/20160927/jscs-2.htm

「浦上は神に捧げられた仔羊=犠牲である」→「憎しみは口にすべきではない」
信者の思いを代弁した一方で、その言葉が、つらい思いを発したい信者の思いを封じてしまった。

永井隆の燔祭説(はんさいせつ)によって、信者たちが黙らざるを得なかった。
※燔祭(-はんさい)とは、旧約聖書の『創世記』22章1節から19節にかけて記述されているアブラハムの逸話を指す概念であり、彼の前に立ちはだかった試練の物語である。 その試練とは、不妊の妻サラとの間に年老いてからもうけた愛すべき一人息子イサクを生贄に捧げるよう、彼が信じる神によって命じられるというもの。

怒りの広島に対して、祈りの長崎というのは、そういう側面もある。

長崎は怒りを表現するのが遅かったのかもしれない。

「被爆者と被差別部落の2重差別から逃れて大阪に行ったが、そこでも差別はあった。憎しみは今も消えない。」
「毎年、夏の太陽の激しい太陽の照りつけが来るたびに悲しみがこみ上げてくる。」

被差別部落出身者の中村由一さん「小学生の頃、私は名前ではなく、ずっと【ハゲ】【原爆】などと呼ばれていたのに、先生は卒業式の時だけ戸籍上の名前で呼んだ。もしその時【ハゲ】とか【原爆】と呼ばれていたなら返事して立っただろう。が、そうじゃなかったから自分の意志で返事せず、立ちもしなかった。でも卒業証書だけはもらった。母のため。土方しながら自分たち子供を学校に行かせてくれた母のため。証書をもらった後、級友から取り上げられ破かれそうになり必死で取り返し、母に渡した」

中村さんは若い世代に問う。「この世からいじめや差別はなくなると思いますか?」

「私はいじめや差別がこの世界からなくなると思います」

浦上のキリシタンと被差別部落。
長くキリシタンだった被差別部落の人々を仏教に改宗させたのは時の権力者。権力で彼らをキリシタン弾圧のため利用した。
浦上4番崩れ。
被害者と加害者。
長く深い沈黙を破るきっかけはローマ法王ヨハネ・パウロ2世の来日だった。
※ローマ法王「平和のメッセージ」⇒ http://www.geocities.jp/setuoh/houou.htm

「戦争は人間の仕業だ」「戦争は死である」

戦争は人間の仕業とはっきり法皇様が教えてくださった。自分たちの住んでる場所へ原爆を落としたのは人間であって、天罰ではなかった。

長く深い沈黙を破り、浦上のキリシタンも被差別部落者も次の世代に、世界に自分たちの体験を伝えようとしている。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する