薫の野郎猫的日常
2017年07月26日 (水) | 編集 |
今日で相模原殺傷事件から1年…祈ります。
相模原殺傷事件から1年。亡くなられた方々のほとんどのお名前は今も伏せられたまま。車いすの方の機内搭乗拒否問題の時も感じた無言の差別感情と根底に流れるものが同じような気がします。健常者と障害者。今回マスコミ宛に書かれた手紙は1年前の衆議院議長大島理森氏宛の手紙と寸分変わらない内容。

閑話休題。

★東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集 | NHKニュース   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011072751000.html 
★五輪施設 木材「公募」に批判 | 2017/7/25(火) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6248215 @YahooNewsTopics


これって「木材応召」か?
この一報を目にした時、戦時中の「金属供出」「犬猫供出」を思い出し、ゾッとするやら吐き気がするやら。
なんでタダ?
五輪音頭は3パターンも作ってガンガンにキャンペーン張ってるのに。
タダじゃないでしょ?いくら使ったの?
なのに今や危機的状況の地方の林業に向かってタダで木を寄越せ?
何様だよ!
こういう地域振興には出す金渋って、無駄な所にばかり湯水のように税金使って。

そんなに木材が欲しいなら、九州豪雨で大量に出た流木使ってよ!
あれきっと被災地で処理に困ってるだろうし、殆どが立派な日田杉だよ?
使ってよ!
2020年の東京五輪って被災地復興も兼ねてるはず。
であれば、あの流木は使わなきゃ嘘ですよ。

そうじゃなくてもこの記録的な猛暑の時期に五輪開くって…
もう止めようよ。
返上しようよ。
死人が出るぞ。



連日の激務でとうとう国立競技場建設で自殺者まで出しちゃって。

「これはヒドイ!
私は基本的に批判投稿はしないのですが、これは山主さんや林業家をバカにし過ぎている。スポーツは好きだけど、政治や経済の思惑に振り回されるオリンピックにはほとほと飽きていて。
選手村や選手たちを支える材木や食材は、広告費等を削ってでも正当な価格で国内の生産者から買い取るべきです。自治体の皆さん、こんなキャペーンに乗らないで!無償提供するなら、むしろ九州豪雨の被災地に送って下さい。」

上記のニュースに接した九州の被災地に住む地域振興、農林業振興に力を注ぐ知り合いのコメ農家さんのコメントです。普段は政治批判なんかする人じゃないんですけどね。さすがにこの国の対応には我慢できなかったんでしょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する