薫の野郎猫的日常
2017年07月23日 (日) | 編集 |
★東京新聞:平尾昌晃さん死去 「瀬戸の花嫁」「夜空」作曲:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017072302000110.html


平尾昌晃作品やその頃のヒット曲を聞きまくってるけど、いい音楽って聴いてよし、唄ってよし。覚えやすく、忘れ難い。掛け値なしで楽しいなぁ。細胞のミトコンドリアの中にまで沁み込んでる感覚だよね。フルオーケストラや生バンド演奏で歌える、贅沢な時代だったよね。

紅白のラスト「蛍の光」の指揮者も藤山一郎、宮川泰に次ぐ3代目だった・・・

平尾作品。ジュリーは「あなただけでいい」1曲だけ?もっとあったような気がしてたけど。

じゅん&ネネの「愛するってこわい」も平尾さんだったよね。

平尾さんの訃報、想像以上に堪えるわ・・・つらい。


懐かしい!若き日のロカビリー三人男。平尾昌晃、ミッキー・カーチス、山下敬二郎。平尾昌晃さんと言えば日劇ウエスタンカーニバルだよねぇ。

平尾昌晃さんって亡父に似てた。顔だけじゃなく、結核患ってろっ骨を6本切除したことまでそっくり。父は片肺も失った。だから、なんだか他人のように思えないんです。

歌が上手くていい声してた。「星は何でも知っている」「おもいで」「ミヨちゃん」なんかも覚えてる。ド演歌作っても、どこかバタ臭い。モダンだけど日本的。すごい作曲家です。

伊東ゆかり、アグネス・チャンや天地真理、小柳ルミ子、布施明、五木ひろし、水谷豊、西崎みどり、水木一郎のキャプテンハーロック…「カナダからの手紙」も忘れられない…

昭和のポップス歌謡の一時代を築き上げた人。


私のお気に入りはなかにし礼とのコンビでの大ヒット。


平尾昌晃さんが亡くなった。79歳。

合掌


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する