薫の野郎猫的日常
2017年07月19日 (水) | 編集 |
K10011059371_1707141909_1707141940_01_02.jpg

「NHK「おかあさんといっしょ」初代体操のお兄さん砂川啓介さん、そして105歳で天に召された聖路加の日野原重明医師のご冥福をお祈り申し上げます。

今朝、京都宇治の野犬問題を「モーニングショー」で報じていた。京都保健所が「飼い犬を放し飼いにしないで」と車でアナウンスしながら巡回。ありがちな野犬だけ悪者にすることなく人間、捨てたり、脱走したまま放置したり、放し飼いする無責任な飼い主の責任問題にまで話を持って行ってくれたことに感謝。

あのシェパードだっていい飼い主と生活してたら鹿の命を助ける側にいたかもしれない。どの番組だったか失念したが、夕方のTV報道で犬のトレーナーの言として「あのシェパードには飼い主がいる。あの肉付きのよさは毎日しっかりと、ごはんを食べている証拠。でなければ仕留めたシカを置いて逃げますか?」と。

私も感じてたんだよねぇ。あの犬、どう見ても始終お腹空かして彷徨っている野良犬とは、どうしても思えないって。だって、立派な体してるもの。栄養状態すこぶるいいんじゃないの?それに、仕留めた獲物を置いて逃げていくってことは、仕留めるまでが面白いだけで、食べるための狩りではないのではないか、って思った。

ただ、もしこの犬が未避妊であれば、野犬と交わって子供を産む、もしくは産ませる可能性は大です。そうやって野犬がどんどん増える手助けをしている可能性zeroとは言えないでしょう。

無責任な飼い方はもう止めてください。
行政も無責任な飼い方している飼い主さんをしっかり取り締まってください。
そうしなければ不幸な犬達がどんどん増え、捕獲と殺処分が繰り返されるだけです。

全てはニンゲン、飼い主の責任。
「人災」です。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する