薫の野郎猫的日常
2017年07月15日 (土) | 編集 |
★(2017/03/22)被災地を舐めてるのか、ピースワンコジャパン?! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2083.html
★(2017/05/11)杉本彩さんからピースワンコさんへのお願い http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2118.html
上記2件の記事にも書いた通り、熊本県庁HPに設けてあるパブコメ「知事への直行便」にて蒲島熊本県知事へ、PWJによる譲渡センター設置断固反対の意思表明と注意喚起、いくつかのご提言を送らせていただきましたが、昨日、その件でお返事を頂戴いたしました。内容は以下の通りです。

 このたびは、知事への直行便をいただき、ありがとうございました。
  
 薫@千太組様からは条例での避妊去勢手術の義務付け等についてご意見をいただきました。
 
 熊本県動物愛護管理条例では「譲渡団体に対する避妊去勢手術の義務付け」に関する規定はありませんが、別途定めております「熊本県犬・猫譲渡要綱」において、譲渡団体に対し「新たな飼い主への譲渡を行うに当たって、不妊・去勢手術が実施されているかを確認すること」を求めています。専門家の方からも、不妊・去勢手術は繁殖を減らす効果的な手段であるとの意見をいただいており、本県も大事な取り組みと認識しております。
 
 なお、現時点までに、ピースワンコジャパン譲渡センター設置に係る県内での動きについては聞き及んでおりません。
 
 今後も、ほかの自治体や愛護団体と連携して、動物愛護の取り組みを強化して参りますので、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。
 
 なお、本件について、ご不明の点がございましたら、担当課までお問い合わせください。

 平成29年7月12日

 薫@千太組様
                             
                               熊本県知事 蒲島郁夫

【担当課】健康危機管理課  ℡:◎◎(直通)


熊本県は飼い主になる里親さんに不妊去勢手術代金を負担させるの?
保護犬でも?
だって保護犬は県の施設で保護されてるわけだし、普通に考えたら、施設で保護してる犬猫は県の負担で譲渡前に手術して、術後に譲渡するんじゃないの?
後、熊本の今の条例では、PWJが入り込む隙、大有りのような気がするんですけど。。。気のせい?
ま、いずれにせよ、私のような県外に住む熊本県人じゃ、やれるのはここまで。
県に注意喚起はした。
あとは熊本に住む有志に頑張ってもらうしかないです。

コメント
この記事へのコメント
ご意見
飼い主がしなければ、税金を使用するのですか?
譲渡団体に負担させるのもおかしいですので、やはり飼い主が自分の意志でペットとして、家族として迎え入れるのですから、飼い主の判断で負担が当たり前です。

2017/07/18(火) 09:33:20 | URL | 熊本太郎 #-[ 編集]
熊本太郎さんへ
はじめまして。
ようこそ千太組へ。

さて、熊本太郎さんが仰っているのは、民間の保護団体からの譲渡のケースでしょうか?
もしそうであれば、民間団体の必要経費はすべてドネーション(寄付)です。
税金は使えません。
子犬や子猫以外は譲渡する前に団体が提携病院に連れて行って手術する場合が多いですね。民間団体や個人ボラさんからの譲渡の場合、手術代等の必要経費を支払う場合があります。

私がここで記事にしているのは熊本県の愛護センターのことです。つまり、公的資金である税金を投入し、建設された公的施設である熊本県動物愛護センターにいる収容動物の件です。公的施設でも普通、子犬や子猫以外は譲渡前にセンター内外の提携獣医が手術します。公的施設の保護動物を譲渡してもらう場合は請求金額は無料です。

つまり、有料無料の違いはあっても、信頼できる団体やボラさんはみなさん、手術してからお渡しします。

里親さんに手術をお任せするのはまだ幼い犬猫のみ。
しかしこの場合でも、契約内容によりますが、しっかりしているところでしたら必ず、飼い主さんが手術した時に、それを証明できる書類のコピーを提出するような契約内容になっているはずです。私が存じている譲渡する側(保護主)の皆さんは、それほど責任を持って、里親さんにお渡ししてらっしゃいます。
2017/07/18(火) 22:17:48 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する