薫の野郎猫的日常
2017年06月01日 (木) | 編集 |



「もしも僕が話せたら(If I Could Talk)」
アメリカのショーン・ウェリング監督による作品で、2015年に数々の賞を受賞した。


君と話すことができたらいいのに。

 
どうか知って欲しい。

僕を救ってくれてありがとう。

愛してくれてありがとう。

君と過ごした日々のことは何もかも忘れないよ。

 
どうかどうか知って欲しい。

君が僕にしてくれたことすべてに、心から感謝しているんだ。

このことさえも・・・

 
たくさんの楽しいことがあった。

君が恋に落ちた瞬間も、家族が増えた瞬間も、僕は全部見てきた。

 
たくさんのすごい冒険もしたよね。

今でもあの晴れた日のことをよく覚えている。

あの日、僕はいつまでも走り続けられるような気がしたんだ。

 
その後、君と一緒に見上げた空の上の天国。

無数の星たちが僕たち二人に語りかけてきてくれたよね。

 
今、僕は年老いてしまった。

疲れたし、身体も痛い。

いよいよお別れの時がやってきたようだね。

君がここに一緒にいてくれて本当に嬉しいよ。

だから、僕は怖くない。

 
耳の後ろを掻いてよ、そこが好きなんだ

僕は大丈夫だよ。こうやって君がそばにいてくれたから。

大丈夫、何もかもうまくいくよ。

 
君と話ができたらいいのに。

だって、君は僕のために悲しんでいるから。

 
話すことができたら、きっと君に伝えられるのに。

僕は君のすべてに感謝しているんだよ。

一緒に過ごした日々は、本当に素晴らしい時間だった。


「犬を愛するまで、人の魂の一部は眠ったままなのだ」―アナトール・フランス
「もし天国に犬がいないのなら、私は天国じゃなくても、犬が待っている場所へ行きたい」―ウィル・ロジャース 


安楽死。                     


欧米ではこういう別れ方が一般的だけど、「成熟していない」日本では…。

染五郎がFIPになった時、主治医から安楽死も選択肢の一つと促されたことがあったけど…私にはできなかった。最後の最期まで自然のまま見送った。飼い主のエゴ、最期のエゴを通した。

私は法律で獣医師に最後の判断を委ねる国には住めないや。

やっぱりすべてを飼い主に任せてくれる日本がいい。 




コメント
この記事へのコメント
私もそう思う。
2017/06/01(木) 04:08:58 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
とま☆彡さんへ
昔さ、moomamaの「老猫会」にイギリス在住の日本人から、猫が腎不全になったってだけで獣医さんから安楽死宣告された、どうしよう、猫が殺される、法律で決められてるけどどうしても納得できない、飼い主の言うことまったく聞いてくれない、猫が殺されてしまう、なんとかならないか、助けて、って言って切実な心模様を掲示板に書き込んだ人がいたの覚えてない?イギリスって問答無用なんだってあの時初めて知った。あの時からずっと海外の動物事情を調べ始めて…もちろん殺処分や基本的なマナーなど色々と課題は多くても、安楽死、それも問答無用で獣医師が決めたら飼い主は逆らえないっていう国に比べたら、日本ってなんていい国なんだって思ったよ。
2017/06/01(木) 19:49:49 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
掲示板への悲鳴のような相談、覚えています。
アメリカにいた友人は胃ろうを着けるのに大反対され、避難されたと聞いた気がします。
こはるも今は元気になりましたが、去年の状態では、イギリスだったら安楽死を宣告されたでしょう。
色々問題は多い日本ですが確かにこの件に関しては、この国で良かったと私も思います。
2017/06/01(木) 20:27:20 | URL | こゆき #sadRUP3g[ 編集]
うん。なんとなく見た気がする。イギリスだったんだね。なぜかベルギー?って思ってたよ。日本てさ、変な言い方だけど、飼い主がまともなら、病院だってちゃんと話きいてくれて、飼い主寄りの治療法を考えてくれるよね。安楽死は本当に治療出来なくて、苦しむだけの場合、どうしようもなくて出す答えだと思う。それでも「はい。お願いします」とは言えない・・・言いたくないよね。
2017/06/02(金) 04:39:38 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
こゆきさん&とま☆彡さんへ
moomamaの所にはいろいろな国に住む人が声を届けてくれてたよね。だから、もしかするとベルギーもドイツもアメリカもいたかもね。いずれにせよ、アメリカは獣医師が飼い主の気持ちを慮って「一応」対話方式で安楽死が行われるけれど、ヨーロッパは大方、法律によって、獣医師に100%権限があって、飼い主に問答無用で安楽死だったと思うよ。それだけばっさり思い切ってるから、殺処分や去勢避妊などの頭数制限しなくても一定の頭数で安定してるんだと知りました。あっちの宗教とかお国柄とか、根本が日本とは違うのよね。不治の病、悪化をたどるしかない病、そして大怪我の場合は、そのことに大枚の医療費を費やするのはナンセンスだし、第一、長く苦しませることは罪悪と考えてるから、特にドイツなんて日本人からしてみたら「鬼!」と叫びたくなるくらいに割り切った考え方で、バッサバッサと安楽死させてるよ。その基盤の上にあるのがあの保護施設「ティアハイム」だ。日本みたく白血病でもエイズでも片足切断しても癌でもよぼよぼのシニアでも、寝たきりでも、何でもかんでも生かして、その上、里親さんまで見つけて、っていう保護団体&飼い主のやり方はあちらのお国ではアンビリバボー、ナンセンスなんだろうね。ただ、この動画のような内容の作品を作って、犬にあのセリフを喋らせるやり方みてるとね、なんやかんや言いながら、あちらの国の人たちだって少なからず安楽死に罪悪感は感じてるんだなぁってわかった。そうじゃなきゃ、「ありがとう」「怖くないよ」「大丈夫、すべてうまくいく」なんて、これから安楽死させられる犬に喋らせるわけがない!ああやって免罪符にしてるんだよ。自分たちは悪くない、すべてこの子のためにやるんだ、やったんだって、自分のいたたまれない気持ちを納得させるために、あの動画は存在してるんだろうと思うよ。どんなに宗教や考え方が違ったって、長年一緒に苦楽を共にした子を安楽死させる飼い主の気持ちは万国共通なんじゃないのかね?
2017/06/02(金) 10:38:32 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
ん~~ん納得しなきゃいけないってのがヤダなぁ~まぁ国が違うし、宗教感なんて私無いから、(納得しないで、そういう決断をしたって事を背負え!)
って思ってしまう。日本人は口に出さなくても、自分の決断を自問自答しながら生きてるけど、向こうの人って、逃げ道在りきの様な気がする。あの映像とかさ。
2017/06/04(日) 06:32:17 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
とま☆彡さんへ
とま☆彡さんのその考え方こそ、思うにその違和感こそが宗教観の違いに繋がるんじゃないのかな?姿を現すイエス、そして姿なくして八百万の神の多神教。神を信じる、ということ一つとっても全く違う。罪を犯せば罰を受ける、という感覚も向こうとこっちの犯罪者に向き合う意識が違うし。あちらが考える「逃げ道ありき」の思いこそ、罪を犯したけど、悔い改めた者に平等に手を広げて待っててくれるイエスそのもの。私たち日本は「蜘蛛の糸」だから(笑)罪を犯したら自ら苦しんで苦しんで光のある方向へ、悟りの世界へと思っても、最後の審判は閻魔様、でももしかしたら神社に行けば気がまぎれるかな?、のはずが、先に逝ったしっぽ家族たちが「虹の橋」のたもとで待っててくれると信じ明日を生きる糧とする…って「なんでもあり」の日本の宗教。その違いがこの映像への思いにも微妙に繋がっているように思います。
2017/06/04(日) 09:18:28 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
あっ!何か納得!知らず知らず、「なんでも有りだけど結局は許されない」にハマってたのね私( ´∀` )
2017/06/05(月) 05:02:51 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する