薫の野郎猫的日常
2017年05月15日 (月) | 編集 |
★大量のミツバチで赤信号が見えなくなったという話:ひるおび【2017/05/15】 - 何ゴト?
”この時、まだ巣は出来てはおらず、世田谷区役所は対応することはできないということで、世田谷署の交通課がこの対応にあたったということです。”
http://www.nanigoto.net/entry/2017/05/15/111813

↑の記事は今日放送分TBS「ひるおび」の中で報道された、12日の世田谷区千歳台信号機ミツバチ分蜂駆除の件のあらましです。

駆除業者を呼んで殺処分させた成城署だけを責められないですよ。だって、世田谷区が無為無策無関心な対応をとらず、引き受け可能な養蜂場を紹介してくれてたら、ミツバチたちは今も生きて、せっせと蜜を集めていたはずだもの。

世田谷区内で養蜂してる方って、宍戸園、農大、恵泉女学園以外にもちょこちょこあるみたい。ただ、そういうところは連絡先がいまいち不明なところが多いのが玉に瑕。けど、おそらく横のつながりはあると思うから、上記3軒だけ把握してれば、きっとなんとかなるでしょう。

やれやれ、今回の世田谷のミツバチ駆除該当地域広報担当者ってのも当事者意識まるでないのね。まるで他人事だわ…これもまた病巣。広報担当がこれじゃ、区民意識はいつまでたっても変わらないわ。っていうか、区民の方が数段上の考え方してるんじゃないの…

大丈夫か?

区行政がこんな感覚じゃ、そりゃ区民だってミツバチの分蜂見たら即110番して駆除処分しちゃうわ。

「まだ巣を作ってないから管轄外です」って…どんな思考回路してればそんなこと言えるのか。

あの信号機にミツバチの分蜂を見つけた区民がまず最初に問い合わせの電話を入れた世田谷区担当窓口(もしかして統括の本庁舎担当部署じゃなく、当該地域のまちづくりセンターもしくはK総合支所か?)から、こっ酷い門前払い食わされちゃって、だから仕方なく110番したって言うのがどうも真相ぽいんでね。

こんな恥ずかしい前例作っちゃったら、次回また区内でミツバチの分蜂発見しても、もう二度と区窓口に相談の電話などせず、すぐ110番しちゃって駆除業者に殺処分させちゃうようになるんじゃないかと気が気じゃないです。

そんな悪魔の連鎖を断ち切るためにも、区担当窓口はきっちり軌道修正して、今回の恥ずかしい前例を検証&必要な個所は潔く訂正し、区民に大々的に広報する責任があるんじゃないかな?




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する