薫の野郎猫的日常
2017年05月15日 (月) | 編集 |
田中優子区議より早速、情報が入ってまいりました。

悲喜こもごもとはこのこと。

13日ニュースで流れた「信号機に群がったミツバチ」が捕獲され、その後どうなったか、区の担当課長から成城警察に問い合わせてもらったのですが「わからない」との回答だった、と。想像するにおそらく…(処分されてしまったのではないか)と。心が痛みます。ミツバチの重要性をもっと啓発しないと!ひるおび、見ていないですが、Twitterで放送されたらしいことはわかりました。そうなんですよね…、おそらく殺処分でしょう。最悪だと思います…。
だから警察に連絡したらダメなんですよね。なんとかして、捕獲救済の道を作りたいですね。今日のTBS「ひるおび」でも報道されました。内容は突っ込みどころ満載でしたがtwitterでの反応はよかったです。全員、「もったいない」「殺すな」「警察じゃなく業者に引き取ってもらえないのか」の声。報道で「駆除」「処分」と出るときは九分九厘殺処分。最悪です。

★世田谷区のHPにも「ハチについて」という説明はありますが、川崎市や保土ケ谷区のように「ミツバチの分蜂について」という項目を掲載し、区民への啓発をはかるよう申し入れをしました。「早速、専門家と相談し、他自治体の例も参考にしながら、わかりやすい表現でアップします」との回答を得ました。 できるだけ早くと依頼しておきました。進捗状況かわかつたら、またお知らせします。
議会審議中にも拘らず、ありがとうございます。いつも無理ばっかりで困らせてばかり。でも感謝です!

「駆除処分」されたミツバチたちのためにも、必ずいい形にして結果を残さねば!!!

❤ざっと調べただけでも、区内に養蜂家1軒(宍戸園)、養蜂している教育機関2軒(農大、恵泉女学園)あります。ミツバチの分蜂についてHP掲載だけじゃなく、区内の学校でこの方々によるワークショップ開催とか養蜂環境見学とかをお願いしたりすれば、「生きた教育」自然環境・情操教育にも大いに役立つと思います。子供に伝われば親に必ず伝わりますから。区民への広報&啓発の一助になりませんか?

※関連情報
警察に任せて「駆除処分」してしまった世田谷区にもぜひ取り入れていただきたい事例!さすがアメリカ❤⇒F22に2万匹のミツバチ群がる、飛行できず
https://www.cnn.co.jp/fringe/35087407.html @cnn_co_jpさんから @hosakanobuto @setagaya_hoken 




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する