薫の野郎猫的日常
2017年02月24日 (金) | 編集 |
★Social Change Agency‏@sca20130824 
【今週のフクシ・エントリ!】こうやってどんどんソーシャルワーカーが活用されぬまま職域を狭くされていくのを、職能団体は黙って見過ごすという系図はそろそろやめにしませんか? / “東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成”
⇒東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13231710S7A220C1L83000/



面白いご意見。
既存のシステム・マンパワーが生かされないまま、新しいシステムだけどんどん増え、膨張し、結局は「でいたらぼっち」のように動きが鈍化するだけってある意味、行政の怠慢であり、傲慢でもあり、とても無責任。指令系統を可能な限りコンパクトにし、多種多様なボラと緊密な横の連携が取れるような組織作りを!人と動物の共生の面から考えても、被災動物ボラとの連携もその一つと考えます。
※「災害ボランティア」と言う名称ですが、私の周囲には「被災動物ボランティア」のことだと誤解し、「やっと新聞で取り上げられた」と歓喜する人続出です。なぜ人間の災害ボラだけこうして新聞で取り上げられるのか、目標人数まで掲げてポジティヴに取り組む雰囲気を作り上げてくれるのか…理解困難な世田谷区の対応に大変複雑な気持ちです。


★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する