薫の野郎猫的日常
2017年02月23日 (木) | 編集 |
★下記の通り、今日の日本経済新聞で「東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 」という記事を見つけました。
被災動物ボランティアと災害ボランティア。
前者は保健所、後者はきっと危機管理室災害対策課マター。
上記2つのボランティアの一元化・統一化はできないですか?
常時もですが緊急時・災害時の人間と動物の共生は必須だと考えます。
それとも世田谷区は災害時の被災動物と飼い主、それ以外の人間は相容れないですか?
しかし、ひとたび発災したら「ノアの方舟」状態ですよ?
過去の被災地がそうだったように動物も人間もごった煮状態になる。
どうしてそれをご理解いただけないのでしょうか?
過去の被災地から学んでいただきたい。
熊本地震経験者であり、今現在も被災地熊本の動物と人間の共生をめざし活動している知人が、「動物だけ、人間だけ、っていう分断思考じゃなく、被災動物の隣には飼い主や餌やりさんたち被災者がいる、つまり動物と人間の共生を俯瞰的な思考で策定した災害プラン&訓練が必須」と言っております。
進歩的未来志向の世田谷区が発信する被災動物ボランティアと災害ボランティアの一元化、統一化を是非ともご検討お願いします。

はぁ、また「区長のメール」書かなきゃ…(;´д`)トホホ



 

東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 

2017/2/23 7:00

 東京都世田谷区は首都直下地震などの大規模災害に備えて、災害ボランティアの受け入れ体制を強化する。2017年度から、大勢のボランティアの役割分担や差配に当たる調整役の人材の養成講座を始める。区民を中心に、17年度に600人の受講を目指す。18年度以降も、同規模の人材育成を継続する。

 同区は区内にある日本体育大学や国士舘大学など5大学と連携し、災害時に大学の校舎を活用した「ボランティアマッチングセンター」を開く。各地から集まったボランティアの受付窓口となり、指示を出す拠点となる。調整役はセンターのほか、避難所で活動する。

 講座はまず、入門の「基礎講座」と、基礎講座を修了した人を対象とする発展的な「スキルアップ講座」の2段階を用意する。18年度からは、現場のリーダーを養成するさらに上級の「専修講座」のほか、東日本大震災の被災地の復興の経過を学ぶ研修も予定する。

 講座の運営は社会福祉法人の世田谷ボランティア協会が担当する。受講生は災害時のみならず、平時の防災訓練にも参加する。

★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する