薫の野郎猫的日常
2016年12月15日 (木) | 編集 |
★ピースワンコ・ジャパンHP(http://peace-wanko.jp/)より転載。



2016/12/14 

【お知らせ】12/20(火)東京・世田谷に保護犬譲渡センターをOPENします!

殺処分ゼロに取り組む特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトは12月20日、東京都世田谷区に、保護犬と新しい飼い主の出会いの場となる譲渡センターをオープンします。譲渡センターの開設は広島市内、神奈川県藤沢市に続く3カ所目で、東京都内は初となります。
 
世田谷

 
「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトでは、2011年度に犬・猫の殺処分数で全国ワースト(計8340頭)を記録した広島県で、2013年9月の動物愛護週間から「犬の殺処分ゼロを目指す1000日計画」に取り組んできました。今年4月、犬の引取り体制整備の見通しがついたことなどから、約2か月半前倒しで1000日計画を実現して殺処分対象犬の全頭引取りを開始し、それ以後、県内の犬の殺処分ゼロを維持しています。
 
なお、8月には広島市内のNPOが猫の全頭引き取りを開始し、全国ワーストだった広島県は約5年で殺処分のない県に生まれ変わろうとしています。世田谷譲渡センターは、広島の殺処分ゼロを維持し、さらに活動を全国へ広げる拠点になります。
 
譲渡センターには、広島県神石高原町で現在保護する約700頭から、小型、中型の5~8頭ほどを連れていき、スタッフが日常の世話をしながら、里親希望の方に保護犬の特徴や性格などをご紹介します。今後、東京都内の動物愛護センターから殺処分対象犬を引き取ることも検討しています。また、センターは、正しい犬の飼い方やアニマル・ウェルフェア、保護犬猫を家族に迎えることの啓発、殺処分ゼロに向けた情報発信の場としても活用したいと考えています。
 
ペットショップなどで販売される犬・猫は年間70万頭と言われています。一方、昨年度、殺処分された犬・猫は計8万頭余り。理屈上は8人に1人が保護犬や保護猫を選んでくれれば、殺処分はなくせます。保護犬・猫を迎えることが日本のスタンダードになるように!ペットを家族に迎えることをお考えの皆さま、是非ワンコたちに会いに来てください!
 
「ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センター」
住所:〒156-0054 東京都世田谷区桜丘3丁目23-2馬事公苑アーバンフラット1-A号室
営業時間:午前10時~午後7時(無休)
問い合わせ先:TEL:03-6413-7095、FAX:03-6413-7096(店舗直通、※12月20日以降設置
施設概要:面積約68平米、収容頭数 常時5~8頭ほど、ワンコと触れ合えるリビングスペース
譲渡までの流れ:①事前調査票記入②スタッフによる家庭訪問③犬の引渡し(譲渡の際、譲渡までの飼育・医療費の一部、マイクロチップ登録料として17500円をお支払いいただきます)
 
世田谷世田谷
 

お知らせ一覧を見る


2016/12/15 

【人材募集】世田谷譲渡センタースタッフ(フルタイム正職員)募集

ピースワンコ・ジャパンでは、一緒に災害救助犬・セラピー犬の育成、殺処分ゼロを目指し、12月20日にOPENする東京都世田谷区の譲渡センターで、主に保護犬の譲渡活動に取り組むスタッフを募集します。※広島県神石高原町のシェルター勤務の獣医師、獣看護師、シェルターメディスン、飼育スタッフ、トレーナー、トリマー、受付スタッフも引き続き募集中です!

 

【募集職種】
譲渡センタースタッフ(フルタイム正職員)

 

【募集人数】
若干名

 

【勤務地】
・世田谷譲渡センター
東京都世田谷区桜丘3丁目23-2馬事公苑アーバンフラット1-A号室(※馬事公苑近く)

 

【勤務日時】
シフト制により週休2日制

 

【勤務開始日】
決定次第(※早期に勤務開始できる方歓迎)

 

【給与・待遇】
月給180,000 円 ~(試用期間160,000円)
交通費全額支給

 

【業務内容】
譲渡活動、犬の飼育・管理、トレーニング、接客、広報活動など

 

【必要な資格・条件など】
動物関連学校(大学・専門学校・訓練学校)卒業
ドッグトレーナー・訓練士・トリマー・獣医師・獣看護師など、有資格者優遇

 

【締め切り】
随時募集
※適任者が決まり次第、募集を締め切りますので早めにご応募ください。

 

【応募方法】
履歴書(写真添付・志望動機・勤務曜日時間などの勤務条件)、職務経歴書を下記まで、郵送または電子メールで送信してください。メールの件名は「ピースワンコ・プロジェクト譲渡センタースタッフ募集応募」と明記ください。

 

【応募時の注意事項】
申し訳ございませんが、書類選考通過の方のみ、こちらから面接日をご連絡いたします。

 

【連絡先】
〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田 1161-2 2F
特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン   担当: 若林
Tel:0847-89-0885   E-mail:job@peace-winds.org



ピースワンコ・ジャパンfacebookより転載。



【お知らせ】12/20(火)東京・世田谷に保護犬譲渡センターをOPENします!

殺処分ゼロに取り組む特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトは12月20日、東京都世田谷区に、保護犬と新しい飼い主の出会いの場となる譲渡センターをオープンします!ペットを家族に迎えることをお考えの皆さま、是非ワンコたちに会いに来てください!

「ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センター」
住所:〒156-0054 東京都世田谷区桜丘3丁目23-2馬事公苑アーバンフラット1-A号室
営業時間:午前10時~午後7時(無休)
問い合わせ先:TEL:03-6413-7095、FAX:03-6413-7096(店舗直通、※12月20日以降設置)
施設概要:面積約68平米、収容頭数 常時5~8頭ほど、ワンコと触れ合えるリビングスペース
譲渡までの流れ:①事前調査票記入②スタッフによる家庭訪問③犬の引渡し(譲渡の際、譲渡までの飼育・医療費の一部、マイクロチップ登録料として17500円をお支払いいただきます)

詳細はこちら
http://peace-wanko.jp/news/192




※この団体、以前は夢の丞たち保護犬を救助犬として育成し世界貢献することで有名でした。ふるさと納税を殺処分ゼロ活動に有効利用もしてます。ものすごくいい活動されているとは思います。有名人著名人と組んで大々的にアピールもされてます。熊本地震の際、被災者&被災ペットと飼い主たちのためのテント村もいち早く立ち上げてくださいました。心より感謝してます。感謝したうえで苦言です。実は熊本地震の被災者であり被災動物保護活動を頑張っている知人から聞いた話ですが、PWJが撤収するとき、地元被災地の他のボランティアや行政に申し送りひとつせず、野宿者や低所得者で行き場がない被災者たちをテントごと置き去りにしていったというのです。その後の「置き去りにされた」被災者の支援は被災地がすべてやったそうです。被災者、被災地は怒ってます。もう二度とPWJには来てほしくない。世話にはなりたくないそうです。「飛ぶ鳥跡を濁さず」ですよね。派手な光の当たる場所での彼らはとても素晴らしいけど。裏の顔はこんなマナー違反平気でやらかす人たちのようです。「(どんな手を使って集金したかは別として)潤沢な資金を持ってるPWJのような団体の活動も必要だということはわかってるよ。でも…どこが人道支援だ!」と知人も憤慨してます。それもあって、今回の譲渡センターも裏がありそうで…杞憂でありますように。


★↓は世田谷区で保護活動をしている知人のfacebookです。
彼女が広島の愛護センターに直接問い合わせて回答を引き出しました。
噂は本当だったのですね。
「においは元から絶たなきゃダメ!」
殺処分ゼロを声高に謳うのであれば、
行政・保護団体は譲渡前に必ず不妊去勢することを徹底しないと。
世田谷でオープンする譲渡センターにいるのは未不妊去勢の命か…
何とかせよ、広島県!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する