薫の野郎猫的日常
2016年10月08日 (土) | 編集 |
★ 実施段階環境影響評価調査計画書(馬事公苑)|環境アセスメント|競技会場等の整備|東京都の取組|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局 
http://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/torikumi/facility/kankyou/chousakeikaku_bajikouen/index.html

※7ページ「4.4 事業の基本計画 」の(3)にある通り。
【(3) 駐車場計画:自動車駐車場は、図 4-2 に示すとおり、計画地のそれぞれの敷地(北エリア、南エリア、公和寮エリア)に平面駐車場を設ける計画としているが、現時点では詳細な配置計画及び駐車場台数は未定である。】とあります。

※3ページの「4. 東京 2020 大会個別計画の内容 」でも、【駐車台数未定】となっているので…それもあって、国立競技場の悪夢を思い出し、区議会での世田谷区行政の答弁はちょっと信用できないと思ってしまうわけです。



↑の書類は、
東京都オリパラ準備局が馬事公苑について「実施段階環境影響評価調査計画書」を作成し、平成28年6月16日、東京都環境局長に提出したものです。 



拙ブログでも記載しているように、現在開かれている世田谷区議会・
平成28年決算特別委員会で各会派から馬事公苑改修について様々な質問が飛び交っております。

それに対する区からの答弁はどれも、うっすらとながらでも希望が持てるようなものばかりです。



が…



7日の都市整備委員会所管質疑の中で、民進党そのべせいや区議が、「(都の環境アセスメントへの提出書類に)『前提条件である駐車場の台数未定』の記載がある。1960年の設備だし、国際基準に合わせねばならないが、区のサポートをお願いする。」と供述する場面があったのですよ。

この供述はそのべ区議の馬事公苑関連質問終了ぎりぎりに行われ、それも答弁を求める質問ではなく、単なる供述として登場します。

だから当然ながら、↑のそのべ区議の供述に対する区からの答弁はありません。



トリッキー!!!!!!!



あのね、国会でも都議会でもそうですが、こういう、終わり間際に早口でささっと済ませるような中にこそ、最大重要課題が潜んでいることが多々あります。



つまり、現時点でJRAと区が近隣住民説明会や意見交換会や区議会で説明・答弁している中に、駐車場関連の情報はまったく盛り込まれてない、ということなのですよね?

だって、公式書類上、現段階では「未定」なんだもの。



この件、ぜひとも区議会で再調査&区との確認をお願いしたいと思い、田中優子区議へ報告しました。



何度も何度もしつこく言ってますけど、こういうことがあるから、近隣住民だけに絞っての説明って好ましくないと思うわけです。

もっと広く意見を募ることをすれば、こういうトリッキーなことも明るみに出やすい。

なのになぜか近隣住民だけに説明したがる行政とJRA。


「なんか隠そうとしているから」「騙そうとしているから」少人数の中でしか情報公開しないんだ、なんて思いたくないですけど、悪意がなくとも結果的にはこういう(;´д`)トホホなことも出てくるのでね。

そのべ区議の供述ですが、この駐車場の件を述べた後、なぜか唐突に、千代田区の街路樹伐採問題が続くんですよ。「五輪にため」という錦の御旗を掲げ、区民になんの情報公開することもなく無断で行政が推し進めていた街路樹伐採計画が、住民運動のためとん挫していることを、そのべ区議は馬事公苑の駐車場の件の後に付け足しのように述べている。「世田谷区ももし、今答弁している以上の樹木を駐車場整備名目で大量伐採したことを区民が知れば、どんなトラブルが起きるかわからないからね」と釘刺しているようにも感じたのでした。

今のうちに、この件を公にして、しっかり情報公開&情報確認した上で工事をスタートしてもらわないと、始まってしまったらもう手遅れですからね!!!

そうなる前に、納税者として、区民として、有権者としてやれることはやって、責任果たさなきゃ!!!

でなきゃ、もし、このままの状態で、区民が何も知らされないまま、何も知らないまま、本格的に工事が始まって、プレオリンピック・イヤーになり目隠しフェンスが外れてみたら…そこには思いもしないような、「こんなはずじゃなかった」っていうような、無残な光景が広がっていた、なぁんてことも有りうるわけですよ。

で、そこでどんなに文句言ったって、区からの言い訳は「だって、どなたからも駐車場について質問がなかったから」とか、「だってあの当時はまだ未定で、何も決まってなかったから」とか、耳にタコができるほど聞かされてきた言葉が並ぶことになるわけですよ。


国立競技場や豊洲移転とかぶって来ませんか?

これもまたひとつの「ブラックボックス」と言えないでもないね。


区行政は包み隠さず、区民に情報公開してほしいですね。
そのためには、わからないこと、不安に思うことはこっちからどんどん聞いて行かなきゃね。
じゃないと、向こうは積極的には答えてくれないから。
(これまた今、都議会で起こっていることと同じ!)


というか、これがすべて私の杞憂にすぎなかった、っていうのが一番望ましいですよ。

★参考資料
日刊建設工業新聞オンライン・サービス
2016年7月11日版 4面 「
首都圏Look at/馬事公苑(東京都世田谷区)、五輪またぐ壮大な再整備計画」
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201607110402




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する