薫の野郎猫的日常
2016年10月08日 (土) | 編集 |
★平成28年決算特別委員会10月4日 区民生活委員会所管質疑
※え?!馬事公苑って五輪関連で2017~2022年まで、6年間も閉苑なの?
※は?中村委員って何党?中村コータロー、民進党だ!HPまだ民主党のままだし(笑)なんて横柄な態度だろう。五輪前後で世田谷通りに馬車を走らせろ?区職員に凄んでる。で、その間は車は通行止めね?まさか、NYのセントラルパークみたいに車と馬車を並走させようとしてますか?馬事公苑の馬は全頭「疎開」してるし、そんな訓練してる馬じゃないと相当なストレスだし暴れて客に怪我させたらどうするの?馬糞も大丈夫ね?臭いとか不潔とか、馬車は知らせる間は道路清掃もきっちりやるんでしょうね?めっちゃ、無責任。誰か利権関係から頼まれた?それともご贔屓筋?どっちにしても実現には課題多し。
※録画を見ていて驚いたのですが、馬事公苑は来年2017年から2022年の6年間も閉苑するんですか?
※五輪後の馬事公苑はどうなるんですか?
※都や区行政のお考え、ちょっと私たち都民(区民)の思いと違います。神宮前の国立競技場の場合は、工事前、担当責任者の安藤忠雄氏から「樹木は一本も伐採しない」と確約されたにもかかわらず、蓋を開けてみたら数千本もの木が伐採されました。
※それにしてもすっかり五輪熱に浮かれちゃって、自民党、公明党の与党だけじゃなく、野党の民進党も質問内容は自分の地元と観光招致と客寄せと商工会議所マターばかり。浮足立ってるなぁ。地域防災拠点でもある馬事公苑の役割や、地域住民、一般区民の関心事や情報に関する質問は全くなし!彼らの中の区民はきっと、政治家や商店主や企業など利権がらみの人たちのことなんだろう。情けないやら、悲しいやら。

★平成28年決算特別委員会10月7日(金)都市整備委員会所管質疑
(ご覧になりたい方は「世田谷区公式HP」右端の「世田谷区議会」をクリック⇒右端の「議会中継」をクリック⇒青字の「インターネット議会中継へ」をクリック⇒右の「録画配信」の中の一番上「議会命で探す」をクリック⇒「平成28年」の「平成28年決算特別委員会」をクリック⇒「10月7日(金) 都市整備委員会所管質疑」をクリックし、ご覧になりたい会派の録画を選んで再生してください)

※無所属・世田谷行革110番、田中優子区議質疑。
【馬事公苑について】
これまでの3回の説明・意見交換会で建築構想終了するが、今後も継続して近隣住民への説明責任は果たしていく。
残された課題は建物の高さと緑化。特に緑化に関して、区民の不安は「国際基準」に合致する条件を満たすため、相当量の樹木伐採されると思われる馬事公苑の樹木。
既存樹木に関しては、区の「緑の基本条例」とも照らし合わせ、可能な限り改善。
現在と改修後の緑被率はどれほど違うのか?=公開エリア45%、非公開エリア12%だが、区としては100%元に戻すようJRAへ要請&行政努力をする(!!!!!)
馬事公苑 
(田中区議の質問録画を拝見しての感想)区からの答弁の中にいまだ未定の駐車場整備の分が含まれているかわからないので、下手すると、数千台分の駐車場が整備されてしまえば、上記の緑被率などあっという間に「大嘘」となってしまうでしょう。五輪開催期間中は「はげ山」になり、見るに堪えない姿になるかもしれないけど、祭りの後は、区民にとってあの場所に駐車場など全く必要としないので、即刻、駐輪場と緑地にしていただき、少しでもまともな姿に戻して、区民へ返してほしいものです。

★田中区議、お疲れ様でした!やっとこさ録画拝見できました。満足いく質問でした。区からの答弁は、全面的に信用できるとは思えないまでも、ここまでポジティヴな回答を引き出してくださり、ありがとうございました。過剰な期待は禁物ですが、希望を持って見守りたいと思います。桜並木の件、和紙の件も大変興味深く拝見させていただきました。区の頑固さに私もムッと来ましたが、田中区議らしい「突っ込み」にスカッとさせていただきました。

※生活者ネットワーク高岡区議、「東京五輪のため」という錦の御旗のため区民の憩いの場である馬事公苑の緑地が伐採され、競技場のためだけの場所に整備されることについて質問
「五輪後は競技場のまま残さず、区民の憩いの場所として作り変え区民に還元する」「五輪後は若木を植える」「植え戻す」「伐採した樹木も無駄にせず、お土産品として売り出す」
答弁した区職員さん、「昨日も近隣住民の方との意見交換会が『和やかに』執り行われ~云々」って、ことさら「和やかに」を強調してたけど。近隣住民以外の世田谷区民は今もって詳細を知らされていないので、後々、「新生」馬事公苑の姿を目の当たりにして、そこから大騒動勃発とならなければいいけど。昨日、すでに「区長へのメール」にて注意喚起しておきましたが、豊洲移転問題や千代田区の街路樹伐採問題で明らかになったように、近隣関係住民だけじゃなく、すべての区民に詳細な情報開示をしておかないと、そうじゃなくても今世田谷区行政とJRAがやろうとしているのは、「五輪のため」という「錦の御旗」を掲げてのある意味、全区民に説明責任を果たすことなく強行する工事ですので、後々、大変面倒な問題に発展することもあり得ますので、今からでも遅くないので、対応の改善をお願いしたい。
で、生活者ネットワーク高岡区議が仰っていた事の中でちょっと納得いかなかったことあり。JRAの資金って突き詰めれば競馬ファンのお金ですから。都や区の税金ではないにしろ、JRAという団体のお金、ではなく、国民の、競馬ファンのお金だと思うのですが。つまり、そういう点からいってもJRAには近隣住民どころか、全世田谷区民、いや全国の競馬ファンにも説明責任があると思う。
※五輪のため、馬事公苑周囲は電柱地中化するんだね。
世田谷区の電柱地中化。世田谷も街路樹がたくさんあるのでね、電柱地中化のために区民に説明責任を果たすことなく街路樹伐採計画を推し進めた千代田区の街路樹伐採問題と同じように、区民とのトラブルが起きないようにしないとね。これもまた、区民への説明責任!
※東京五輪のため、馬事公苑前の「けやき広場」も馬事公苑と一緒になくなってしまうと思っている区民が大勢いるようですが、「けやき広場だけ」は五輪後もそのままの姿で残るとのことです。
※本当に。「サイレントマジョリティ」「声なき多数派」がいることを区行政は決して忘れてほしくないですね。
※だぁかぁらぁ!馬事公苑近隣住民だけに説明責任を果たすんじゃなくて、世田谷区民全員に同じような説明責任が必要なんだってばぁ!!どうしてわかってくれないかなぁ。自民党世田谷区議団はどうして近隣住民に絞った説明や意見交換だけの対応で満足したのかな?世田谷区民全体への説明責任があると、もっと突っ込んだ質問と、区への要望をなぜしなかったのかな?千代田区の街路樹伐採問題での区行政と区民とのトラブルを知らないのかな?
※馬事公苑でこうなんだから、近隣住民だけへの説明だけに奔走していては、きっとその内に、たとえば、電柱地中化工事が現実化した時、区民と行政との間に大きなトラブルに発展するかもね。「緑の世田谷区」だから電柱の近くには必ず立派な樹木や街路樹がありますよね?今、大問題になっている千代田区の街路樹伐採問題のように、全区民への説明責任を果たさぬまま伐採を推し進め大きなトラブルに発展しないよう「区民目線」に立った対応をお願いしたい。
※地域防災。マンション住人と町会、自治会との横の連携は私も感じてる重要な課題だよなぁ。自治会費は払っているのに、自治会開催の防災訓練の案内がマンション管理組合には届かないとか、よく聞く話だ。
※民進党世田谷都議団でも馬事公苑改修について質疑。おおよそ40%の緑が失われるとあるが、これがトリッキーで『駐車場整備』分が入っていない。馬事公苑には駐輪場しかない。五輪のためだけに追加で緑破壊して大規模駐車場建設?っていうか、なんでこの時期になっても駐車場分が未定のままなの?もしかして、何千台分とかの駐車場作るのかな?ま、事前は「一本も緑は伐採しない」と言われていたのに、高いフェンスに囲われ、住民に目隠ししながら工事を始めたら数千本単位の樹木を伐採した国立競技場と同じやり方するんだろうな。今までの行政のやり方なら、このまま詳細を知らせないまま、区民が騒がないよう、コソコソッと来年1月からの工事に紛れて、樹木をばっさばっさ伐採して作っちゃう、と!
※武蔵野樹林は残るのか?それと、希少動植物は他施設移転や別場所へ移植するなどして保護されるらしいが、池がある日本庭園やその他の庭園は全滅っぽいな…なんせ、こういう議会チェックするでもしないと、情報が区民に伝わってこなくて困る!
※議会内で確認できた、今現在残りそうな緑地だって、大型駐車場建設でどうなるかわかったもんじゃないし。
※いつになったら&どこから確実な情報が入手できるんだろう?

CHTyU8-UsAAsSDo.jpg 
馬事公苑改修ってなぜか国立競技場改修と重なるところが多いように思えて仕方ない。「五輪のため」のスクラップ&ビルト。馬事公苑が高い目隠しのフェンスに囲われた瞬間から、嫌な予感が的中しませんようにと祈る日々が始まるんだろう。





 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する