薫の野郎猫的日常
2016年09月27日 (火) | 編集 |
相次ぐ中毒死、利用者ら動揺 「通わせるのが怖い…」 http://www.asahi.com/articles/ASJ9V4VF5J9VULOB00N.html

つい最近、入院して点滴したし、我が家でも猫の在宅輸液してるし、職場でも点滴は日常茶飯事だから、点滴の仕組みは理解できてるつもり。

こんなだとこれまでに亡くなった方のご家族だって親御さんが本当に病死だったのか疑心暗鬼になってくるだろう。

ま、あの病院は終末緩和老人医療施設のようなので、亡くなる方の数はほかの施設とは比較にならないほど多いと思う。

が、今回のようなことがあったら、あそこに親を預けている家族の心情はいかばかりか…転院考えたくなるよね。

でも、この手の病院、我が家の近くにもあるんですが、なんやかんや言ったって、老人病院はどんどん姿を消していく中、このような病院は家族にとって本当にありがたい存在なのです。だからこそ、こんなことで経営破たんしてほしくないです。何とか精一杯の努力をしていただいて存続を!

そういえば、ベネッセの施設で人工呼吸器のスイッチが切れて亡くなった方がいらっしゃったあの事件、その後どうなったの?まったくあの事件の結末の記事が載らないんだけど…

一日も早い犯人逮捕と原因究明を!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する