薫の野郎猫的日常
2016年08月23日 (火) | 編集 |
昨日、台風の中、相模原の道路で「溺死」したのが仕事帰りの訪問介護士だったこと、
大阪の老人ホームで人工呼吸器のスイッチがオフになっていたことで寝たきりの入所者さんが亡くなったこと…
今朝のニュースでさまざまな感情が襲ってきて凹んだ。

大阪の老人ホームで女性入所者が死亡、人工呼吸器が停止状態で News i - TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2851389.html 
え?今度はベネッセ?!人工呼吸器ってさ、どんなことしてもスイッチは切らないよ。ま、慌て者の介護しもしくはナース、もしくは掃除の人がコードにけつまずいてコンセントが外れたりはするかも、だけど。でもこういう寝たきりの人の部屋はふつう開けっ放しにしてるから、部屋の前通る時にスクリーンチェックを癖つけてればすぐわかるはずなんだけど…まさか、また「殺人」じゃないいね?それも施設職員、もしくは見舞いに来た家族ということもあり得る。一日も早い原因究明を!でもさ、人工呼吸器とかの生命維持装置って普通、電源が切れたらアラームならないか?

わたしたち訪問介護士や訪問ナースはさ、台風でも地震でも大雪でも春夏秋冬天変地異関係なく外に働きに行くのよ。でなきゃ相手の方死んじゃうから。施設介護なら自分が休んでも夜勤者たちがいるし、他のシフトの子たちだっているから最悪は休むことも可能だけど、訪問ナースも2人態勢の所多いし。でも訪問介護は一人だから。どんなことがあっても行かなきゃならない。だからさ、台風の中、増水した道路で「溺死」した相模原の介護士さんのこと、他人事じゃないです。もちろん労災適用よね?

あ~あ、知り合いのベネッセの管理者やケアスタッフやケアマネたち、今頃大騒ぎだろうな。

介護の仕事は誰でもできるかもしれない。だけど、誰もがいい介護士になれるとは限らない。適格者、不適格者は必ずいる!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する