薫の野郎猫的日常
2016年08月15日 (月) | 編集 |
S0605244.jpg 
保護主様へ
 
こんばんは。
残暑お見舞い申し上げます。
 
農工大動物医療センターで治療したその後ですが、
2週間のステロイドと抗生剤投与のあと、
今はステロイド離脱の為、容量を半分にし、
次の2週間、抗生剤とともに投与中です。
 
S0885274.jpg 
最近では、あれだけしつこかった鼻雑音が気にならなくなってまいりました。
もしかして…このまま快方に向かってくれるかも、と期待しております。
今服用している分がなくなった頃に主治医に診せに受診。
主治医の判断でOKだったら、
今回のことで延期していたワクチン接種もそこで済ませます。
 
生まれてこの方、恐らくはずっと猫風邪を引いては治りを繰り返し、
慢性的な鼻腔狭窄だったはず。
猫風邪もダラダラと完治しないまま今に至っていると想像します。
ですから、子猫の頃に保護してわが家で成長している先住たちと違い、
投薬しても劇的に短期間に完治するというわけにはいかないと思います。
先のご報告メールでもお伝えした通り、
農工大での病理検査の結果でも炎症細胞が多い、と出ております。
でも今回の大学病院での検査により初めて、バンの炎症に一番効果がある
抗生剤が判明し、投与することができていますので、きっと辛抱強く投薬すれば、
いつかきっと炎症が消え、鼻の調子も良くなってバルーンカテーテルを入れる必要も
なくなるのでは、と。
そうなればいいなぁ。
 
S0515234.jpg 
バンは相変わらずご機嫌さんですし、元気で食欲旺盛です。
カプセルに入れたお薬もただご飯の上にポイすれば、
何の問題もなく一緒に食べてくれてます。
食欲がありすぎて調子に乗り、
たまに他の猫の食べ残しまで食べてしまって、
お腹が膨れすぎてゲロッパすることがあります(笑)
が、我が家に来てずっと気になっていた水を飲む際のむせが
最近は姿を消してます。
ただ、この季節、おやつ代わり&水分補給のため全員に呑ませている
スープタイプを水で薄めたものを完食した後に
バンだけゲロッパすることはあります。
 
不味いのか?
それとも、口に合わないのかな?(笑)

薫@千太組より




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する