薫の野郎猫的日常
2016年07月26日 (火) | 編集 |
相模原の福祉施設で起こった殺人事件。

犯人と思われる元スタッフの男がなぜ中に入れたのか?
通常、どの扉もテンキー打ち込まないと開かない。
テンキーの暗証番号は私の関係している施設なら「最低でも」週1回、職員が辞職した時はその日の内に番号を変える。

施設によっては主だった正社員以外には知らせないと言う徹底ぶりだ。

もしかして、犯人が関係者だとすれば、暗証番号が長期間にわたって同じままだった可能性もあり。
そうなると、その施設の過失責任も問われるのでは?

ま、中で働いていた職員が、犯人を不用意に入れてしまった場合も考えられるけどね。
でも犯行時間が早朝でしょ?その時間って排泄とか起床介助で夜勤スタッフはぶっ倒れるほど忙しい時間帯なんだよね。
だからちょっとこれは考えにくい。

っていうか、辞めた職員を中に入れる行為は絶対やっちゃいけないことだから、考えたくない。

今朝はずっと、世田谷地区のわが家の上空を慌ただしくヘリが飛んでいる。
場所的に高尾山方向にあの殺人事件の現場があるから、もしかするとマスコミ関係のヘリかな?あの事件に関係あるかもね。 

そこに介護のお仲間からメールが。
「私が働いてたとこもそうだったんだけど、ゴミの排出するところと駐車場との出入り口が一緒で、そこが喫煙所だったから鍵があけっぱなしだった・・・。中からしかあけられないから、ドアストッパーつかって開けっ放しなの。」

あるんだねぇ、そういう施設。うちなんかどこもかしこもいちいち施錠しないとけたたましいブザーが鳴る仕組みになってた。数少ないマスターキーの取り合いになって不評なんだけど、こういう事件が起きるとやっぱり正しい管理方法だって思うわ。

「福祉施設の過酷な現場じゃこんな事件が起きて当たり前」

施設から入所者さんを落として命を奪った職員の事件の時も同じようなコメントが多々見受けられましたが、私たち普通に頑張ってる職員たちは、現場と異常行動を起こす人間を単純に結び付けられることを腹立たしく思います。

比較に出したような現職スタッフが犯行を犯す場合と違って、今回は外部から侵入して犯行に及んだわけです。もし報道されているように退職した職員が犯行を犯したとすれば、どうやって侵入したか?経路を徹底解明してほしいですね。

窓をハンマーで割って侵入?ってことはもしかして、普通のガラス窓だったってこと?orz
福祉施設なら繰り返しパイプ椅子を叩きつけても割れない強度でなければね。

現場職員なら
①ハンマーで割れるような窓素材、
②テンキーの暗証番号問題、
③ドアの施錠管理ミス、
④中のスタッフが安易に外部の人間を中に入れる、
⑤防犯ベル不備等、
色々と思いつくんですよ今回の事件の原因。


※障害者施設で19人心肺停止、26歳男を逮捕 相模原:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJ7V1QFPJ7VUEHF001.html

約150人の方が入所されてて夜勤8人か。1人の職員で20人弱。普通よね。劣悪でもなし、余裕有でもなし。普通。

この業界で大変な負担と言う環境はひとりの夜勤職員で50人以上を担当するような場所です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する