薫の野郎猫的日常
2016年06月16日 (木) | 編集 |
【がんばるけん!…復興PR、県がシンボルマーク】
~毎日新聞2016年6月15日 18時23分(最終更新 6月15日 19時22分)~
http://mainichi.jp/articles/20160616/k00/00m/040/015000c

熊本県は15日、熊本地震からの復旧・復興に向け、県のPRキャラクター「くまモン」を活用したシンボルマークを作成したと発表した。



がんばるけん!
 
くまモンが旗を振って前進し、「がんばるけん!くまもとけん!」と呼びかけるデザインになっている。
マークのデザインは、くまモンの「生みの親」として知られる放送作家の小山薫堂さんとアートディレクターの水野学さんが考案した。

m-201129_0_11.jpg 
旗の図案はくまモンの顔がモチーフになっている。
 

県全体で復興に向けた機運を盛り上げるため、県のホームページや県職員の名刺にマークを使用。事前許諾が必要だが、県内の団体、学校などに活用を呼びかけていく。


また、県内企業に限り、来年3月末までは商品のパッケージなどでの利用を認める。県くまもとブランド推進課は「マークを通して、県民が心を一つにして復興に進んでいきたい」としている。


また、県は同日、熊本地震の復興方針などを話し合う「くまもと復旧・復興有識者会議」の五百旗頭(いおきべ)真座長(熊本県立大理事長)が19日に蒲島郁夫知事に対し、最終提言を提出すると発表した。最終提言を踏まえ、県は20日に新設する「復旧・復興本部」で復興策について検討を進めていく。【中里顕】


がまだせ、くまもと❤




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する