薫の野郎猫的日常
2016年05月06日 (金) | 編集 |
↓は大西熊本市長、5月6日午前3時半過ぎの投稿。
GW明け、もの凄い数のつぶやきが!
その中の一つがペット同伴可避難所と仮設建設に関するものでした。
先日の丸川環境大臣来熊効果も少しは加勢してるのか?

うん、
こういうところは自民保守王国熊本の面目躍如、
というべきか。

熊本市長 大西一史 @K_Onishi  
今から設置する拠点避難所や仮設住宅等においては
ペットが避難者と出来る限り一緒に生活ができるようにしろ
と昨日の会議で指示を出しています。
なかなか満足な環境が用意出来るかはわからないですが、
ペットと共に避難生活をしている方々に少しでもいい環境を整えたいと考えています。


あん一部の人たちの嫌がらせにどぎゃんかなってしもうかもしれんて心配しとりましたが、こぎゃん素晴らしかこつば仰ってもろうて朝もはよから感動したばい。地震の来るまでは「ぴらぴらモン」と思うとったばってん、たのもしか人だったね!よ~とご無礼しました!見直したばい!

13062466_708884902585341_915907539274417377_n.jpg
震災後、ペット防災ではこれまで、色々ひどい目に遭ってきましたからね、大西さんたち。

でも八代市と違って、
市のHPへの国のガイドラインと市の避難所運営マニュアル公示くらいで済んでるし、
その上、こういう前向きなtwitterを発表するなど、
一部の団体やその支持者&擁護者たちからの「いやがらせ」に敗けてはいないようで安心。

被災前のあの「ぴらぴらモン」が一変し、なんと頼もしかこつ!
どちらにしても、なかなかいいコメントじゃないですか?

被災者ながらこれまで連日連夜、被災地を巡って
現地の生の声を拾い上げてきた「くまモン」たちの努力も少しは報われるというものです。

この呟きがどれだけ実現されるか、
「あとはどうなときゃぁなろたい」
じゃなく、しっかりと見守っていかな!!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する