薫の野郎猫的日常
2016年04月01日 (金) | 編集 |
★日刊建設工業新聞 » JRA/馬事公苑整備設計・施工(東京都世田谷区)/大成建設連合体に
https://www.decn.co.jp/?p=56863
★日刊建設工業新聞 » JRA/馬事公苑整備(東京都世田谷区)WTO入札公告/DB方式、12月24日開札
https://www.decn.co.jp/?p=47617
★2020年東京五輪へ 馬事公苑改修
http://www.nikkansports.com/sports/news/1442664.html @nikkansportscomさんから
★JRA馬事公苑からのお知らせ JRA
http://jra.jp/news/201602/020502.html

昨日の「報道ステーション」は古舘伊知郎氏最後の放送でした。
放送中、馬事公苑のことが報道されておりまして、
2020年の東京五輪の馬事競技のため、
公苑の桜も今年で見納め、と。

ドキッとしました。

世田谷区が全面的に2020年の五輪に協力するのは知ってました。

馬事公苑は区の管轄ではなくJRA管轄だということも知ってます。

馬事競技が馬事公苑で行われるのも知ってました。

が、そのために桜が見納めになるなんて知らなかった。

まさか・・・

CHTyU8-UsAAsSDo.jpg  
旧国立競技場のように…数千本の樹木が伐採された、あの競技場のように…

DSCF3004.jpg 
DSCF3016.jpg 
DSCF3009.jpg 
S0223191.jpg
この見事な桜たちが…同じ目に?

まさか、桜だけじゃなく、梅も、藤棚も、武蔵野の自然林も、お花畑も…なにもかも?

日本庭園のハクチョウたちは?

みんななくなっちゃうんですか?


馬事公苑は1940年幻の東京五輪の年に開設され、今年で76年。

私たち世田谷区民の誇りでもある、あの見事な桜たちはどうなってしまうのでしょうか…

報道ステーションでは確かに「桜は見納め」と。

移植するとは言ってませんでしたね。

移植には膨大な資金が必要です。

五輪には莫大な費用をかけるのに。です。

↑の情報参照すると、メーンアリーナだけ見ても760人収容規模のものを

最低でも14000人分の観覧席が必要なものにせねばなりませんから、

桜も藤棚もなにもかも、下手すると僅かに残されている武蔵野の原木林も…

旧国立の大量伐採と同じ憂目に?想像したくないです。

馬事公苑にはそれこそ極一部ですが武蔵野の自然林が残っていて、

一歩入ると空気が違うんです。

静かですしね。

異空間なんですよ。

五輪のため、公苑がどう変化するかわかりませんが、

「祭りの後」のことをどう考えてるんでしょう。

世田谷区民の憩いの場所としての馬事公苑と

五輪競技のための馬事公苑では

到底相容れないですよね。

そして、

後者優先であの美しい桜の木々は…切られてしまうんでしょう。

76年物の古木を伐採して14000人収容のアリーナ建設して、

で、五輪終了後はどうするつもりなんでしょう?




五輪なんか止めちまえ!

★関連情報
世田谷区議さんからお聞きした改修工事に関する情報を記載。
2016年4月6日付ブログ:野郎猫集団「千太組」
「風さそふ」⇒ 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1859.html





コメント
この記事へのコメント
馬事公苑、五輪に向けて整備するからその間立ち入れないからだとおもいますよ。
手直しが要るのは仕方ない。ただ、佳き雰囲気は残していくと思います。私も昔の友達や親戚が馬場に通ってたので、あのままの雰囲気でいて欲しいな。
2016/04/01(金) 11:36:12 | URL | Mosse☆Mama #FFeI7iKU[ 編集]
Mosse☆Mamaさんへ
苑の「改修工事」がどのようなものになるか、知り合いの世田谷区議さんを通して詳細を知ろうと動いております。ただ、工事主が所有者であるJRAなので、世田谷区にどれほどの情報が入っているかわかりませんが。旧くなった設備を新しくすることは勿論ですが、それだけではありません。日誌の一番上の★で括ったニュース群に記載されている通り、現設備は現行の国際競技基準に合わないことから、様々な設備を新規作ったり、現設備の規模を拡張し、作り直す必要があります。ただ、苑自体の拡張はないわけですから、今の規模の中でやりくりせねばなりません。メインアリーナひとつとっても、現設備は観客760人収容です。それを最低でも14000人収容のものに拡張工事せねばなりません。現在の約18倍の規模にするためには…「なにをどうせねばならないか」想像に難くないです。もちろん、Mosse☆Mamaさんが信じておられる通り、願いの通り、進行してくれれば言うことないですけどね。そうなるように祈るばかりです。
2016/04/02(土) 04:34:06 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
馬事公苑閉鎖
今日1月2日、馬事公苑に行って来ました。門は昨年31日をもって閉ざされていました。
大きなお知らせが掲示されていて22年にリニューアルオープンとのこと。 家に戻りネットで建設計画図を確認。 馬事公苑の自然環境・梅林・武蔵野の森・お花畑・多くの桜の木々はその姿を消してしまうようです。 噂で聞いてはいましたが、こうして目の前に現実をつきつけられるとやはり愕然といたします。 あの繊細微妙で優しい癒しと安らぎを私たちに与え続けてくれた自然環境はもう帰らぬものとなります。 リニューアルオープンした時私たちを迎えるのは五輪のレガシーとやらの巨大な建造物と変化に乏しい緑の広場と真ん中一直線に機械的にのびた桜並木。 多分,世田谷通りから入ったけやき通りの延長みたいなイメージかと・・・
本当にやり場のない寂しさをこちらのブログに綴らせていただいてます。
今日、正門前でたまたまお会いしたご夫人も「オリンピックさえ来なかったら」と
寂しそうに帰られていきました。  残念です。
2017/01/02(月) 16:32:26 | URL | ア〜ナンダ・コリャナンダ #LkZag.iM[ 編集]
ア〜ナンダ・コリャナンダさんへ
ア〜ナンダ・コリャナンダさん、思いの丈をここに残していただき、ありがとうございました。私事ではありますが、2022年に一般公開が再開されようとも、もう二度とあの場所へ足を踏み入れることはないと思ってます。まぁ、どんな惨状になっているか、この目で確かめるためにただ一度だけ訪れることはあるかもしれませんが。昨年中、ずっと区行政やJRAに働きかけ、情報を収集。そのすべてを拙ブログ「2020年東京五輪」カテゴリーにしたためました。もし、馬事公苑回収に関する情報、東京都&世田谷区行政やJRAの考え方や今後の対応に興味がおありで、まだご覧になっていらっしゃらないのであれば、どうぞご覧になってみてください。今現在、園内の駐車場面積が不明ということで、改修後の苑内の緑被率が下手すると限りなくゼロに近づく危険性があります。そうなんですね。まだ本当の意味での改修計画は完了していないのです。ですから、2022年の一般公開再開時にしか私たちは最終確認ができないのです。馬事公苑はJRAの所有ですから、都も区も区民も文句は言えないので、あとは再開後も利用するか、それとも私のように絶縁状をたたきつけるか、二つに一つの選択です。私は、近代的な土と緑の匂いがしないレガシーなんて必要ないです。これからは砧と駒沢公園を利用することにします。
2017/01/02(月) 17:26:12 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
薫@千太組さまは馬事公苑問題に関しては随分と働きかけられていたんですね。 
私もなにかせねばと思いつつなかなか腰が重く今日の日を迎え公園には入れずショックを受けている状態です。
私はD™の音楽制作をしてまして馬事公苑にはなにかとお世話になってました。
今まで録り貯めた映像もあったので、映像作品を作り,先ほどYoutubeにupしました。
今更こんなことしても・・・とは思いつつ・・・せめて公園入って右側を残してくれたら・・・などと到底かなわぬことに期待しつつ。
でも私のネットの影響力・・・ほんとに非力なもんでよろしかったら動画拡散のご協力をお願いします。
「光りと風のレガシー:消え行く馬事公苑の自然へ」  https://youtu.be/gZfxty152wM

でもしかしてこちらのブログにhtmlモードで直接動画埋め込みしていただけるようでしたら,以下のタグを任意のブログの場所(htmlモードで)書き込んでください。
<iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/gZfxty152wM" width="560">
</iframe>

それからこれ私のブログのアドレス
http://akarin.bokaloplanet.com

こんなことで薫@千太組さまとメッセージのやりとりするのもなにかのご縁かと・・・  よろしくお願いいたします。
2017/01/03(火) 18:28:37 | URL | ア〜ナンダ・コリャナンダ #LkZag.iM[ 編集]
ア〜ナンダ・コリャナンダさんへ
今日の更新分ブログをもってお返事に代えさせていただきますね。
2017/01/03(火) 20:40:32 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する