薫の野郎猫的日常
2016年03月19日 (土) | 編集 |

昨夜の報道ステーション、独ワイマール憲法の教訓の特集。
ヒトラーが世界的に優秀なワイマール憲法を遵守しながら、
「合法的なやり方」で独裁者になっていく経緯に、
心底ゾッとした。

経済的不安な状況を巧みにに利用し、
保守層と経済界の強力な後押しを得て、
平和と安全の為、
強靭な国を取り戻す、
この道しかない、
と、どこかで聞き覚えがあるフレーズを
口にして民衆を煽るヒトラー、
これも我が国の現首相と酷似していて
益々ゾッした。

そして一番背筋が凍ったのは、
どんどん独裁化していく我が国、
そして、独裁国家や政府に対抗した勢力である
野党や活動家たちに何をしたか、
地獄絵図…
その何もかもを国民は本当は全部知っていた、
が、見てみぬふりして声を上げず
知らないふりをした。

番組中、
古舘氏は一言も日本という言葉を発しませんでした。
が、この特集を観たこの国に住む私たちは、
この国とあまりに酷似していることに絶句しました。

※ご覧になっていらっしゃらない方は是非、一度ご覧下さい。
今月いっぱいで降板する古舘氏とそのスタッフの渾身のリポートです。

「昨夜の特集、古舘氏とスタッフたちの渾身の一作となりましたね。
あの特集は、この国の民として、主権者として、観ておくべきものだと思います。
当時のドイツ国民のように観てみぬふりして、
国や政府に独裁への道を歩ませてしまわぬよう、
声を上げ続けなければと気持ちを新たにいたしました。
勇気をもらいました!
ありがとうございました。」(放送終了後すぐ、番組宛に送信した私のコメントです)

3.18報道ステーション ワイマール憲法編
⇒20160323:今日気が付いたのですが、
記事を書いた時に貼りつけていた動画は削除されてしまいましたので、
急きょ、別の方の動画をお借りしてまいりました。
上も下も基本同じものですが、
また、いつ何時また削除されるかわかりませんので、
念のため、両方ともここに貼っておきます。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する