薫の野郎猫的日常
2016年02月01日 (月) | 編集 |
★ベッキー決意!倍賞美津子の名言を借り「自分の傷は自分で治す」 - SANSPO.COM http://www.sanspo.com/geino/news/20160201/geo16020105060001-n1.html
@sanspocomさんから

先ず一言!
マスコミの皆さん、倍賞美津子さんが言ったのは「(前略)自分の傷は自分で治す」じゃなく「自分の傷は自分で舐めて治す」だったと思うけど!「舐めて治す」から凄まじく美津子さんらしいって思った記憶がありますので。ベッキーももし本当にこの記事の通りだったら、人の言葉を紹介する時は正しく引用してほしいものです。

ベッキーが倍賞美津子の言葉を借りてコメントしたって聞いた。

でもさ、悪いけど今回のベッキーの状況で使われるような軽いセリフじゃないような気がするんだよね、あれは。

A猪木とショーケン2人との関係が終わってすぐ直腸癌に侵された美津子さんは直腸を全摘出し人工肛門装着を即決。

そして、すべてを自ら公表した。

それは彼女が

「泣きたいときはひとりで泣いて、ひとりで決断して、自分の傷は自分でなめて治す」

というポリシーで生きてきたから。

どんなネガティブなことも、自分の身に起こったすべてのことは自分で消化するしかないという考え。

だからね、ベッキーには美津子さんのこの台詞はまだまだ似合わない、早すぎるって気がしてなりませぬ。

ま、余計なお世話なんだけどね。

倍賞美津子のようにどアップになって皺もシミもすべてさらけ出す演技ができるくらいの人生経験ができる女でなきゃ、

なにもかも吸収して逞しく生きていける女優でなきゃあのセリフは似合わないんだって個人的に思ってるんでね。

あのセリフを口にするには今のベッキーは格が違いすぎる(ぼそっ)

記憶違いじゃなかったら、美津子さんは癌治療の時以外はどんなスキャンダルにさらされようが休業はしなかったと思うよ。

だってプライベートと仕事はきっちり分けるし、周囲に絶対迷惑をかけない、かけたくないって言うのが美津子さんのポリシーですから。

そして、ここが一番重要なんだけど、どんなにスキャンダルまみれで、取材のカメラに追われている時でも、仕事現場ではきっちり仕事をこなし、すばらしい演技と凄まじい女優魂を発揮し同業者だけじゃなく世間まで唸らせ、世の若者にまで「かっこいい」と言わせるだけの実力を持ち合わせている。

そこまでの人、そこまでできる人だからこそ言える台詞だったんですよ、あれは。

自分の責任においてやったことなのに仕事を休む人には言ってほしくないですよ、個人的には、ね。

ま、余計なお世話なんですけどね。


10395841_10152432132123724_3120574934695052241_n.jpg 
世間から「泥棒猫」と呼ばれても
貫きますよ、この道だけは!


【追記①】
「ベッキー復帰の条件」とかTVで偉そうなこと言ってるけど、あなたたち何様?これまでの歴史を見てたらさ、芸能界、本物だったらどんなことになっても這い上がって来るし、世間が「その人」を必要としてれば潰れたままになんかさせないよ。それだけのことでしょ?

【追記②】
あ~あ、自分がどう思うかっていう意見言わずに子供を出汁に使ってる。もしかして今回も高崎山のシャーロット騒動と同じノリなの?こういう類の方々ってホント成長しないねぇ。っていうか、ベッキーが主婦&ママの敵なら、甘利さんもそうなんじゃないの?昭和時代の「主婦連」だったら芸能人より甘利さんに対してカンカンに怒ってるよ?
⇒ライブドアニュース‏@livedoornews
【主婦層が反発】ベッキー出演番組、10分でクレーム1000件超
http://news.livedoor.com/article/detail/11129522/
「騒動について子供にどう説明すればいいんだ」「不倫中の人を子供に見せるな」などの苦情が相次いだという。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する