薫の野郎猫的日常
2016年01月28日 (木) | 編集 |
西日本の断水、お見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈りいたします。

小耳にはさんだのですが今回の断水の原因に「空家の漏水で貯水池がダウン寸前で」というのがあるという。全国的に深刻な問題となっている空家問題。我が家も一時期経験があるのですが両親ともに施設入所などで空き家状態になっているのにライフラインは止めないままいるお宅、お心当たりありませんか?

人が住んでいる家屋や道路添いの排水管なら修理できますが、誰も出入りしないままの空き家で、それも屋内で漏水しても誰も気が付かないまま。1軒2軒ではなくそこかしこに空き家が放置されたままになっている昨今。日本全国で増え続けています。今回のようなことになって一気に問題が表面化するということですね。

もしご実家でライフライン稼働のまま空き家状態のお宅がありましたら、一度屋内外の水回りなどチェックされ、可能でしたら早急に稼働をストップされることをお勧めいたします。帰ってみたら家中水浸しということになりませんように。

空家の漏水、そのお宅がライフライン料金を銀行自動引き落としにしていたら、ガス会社とか水道局から「最近使用料金が大変高いですが~」と連絡がこない限りなかなか気が付かない。その上、ご両親が施設入所などで企業からの連絡がつかない、連絡先が分からない場合、ご本人の代理人であるご家族の連絡先が分からない場合はお手上げだもんね。

熊本の両親が施設入所している間、しばらくライフラインをそのままにしていた時期に、何度も寒さのため庭先の水道管が破裂して水が噴き出した。そんな時は、東京の私の連絡先を教えておいたご近所の皆さんを代表して町内会長さんが電話をくれたのですぐに水道局に連絡して止めてもらった。

「こっちで勝手に水道局に連絡して止めてもらったよ」って言う時もしばしば。遠距離でもこういうご近所付き合いはいざと云う時に大変助かります。


屋内の水道管はおかげさまで一度も破裂したことがないので本当に助かりました。屋内がやられたらご近所さんだって気が付かないままダダ漏れで家中水浸しだったはずだもの。


帰省のたびに菓子折りもってご挨拶がてら日頃の感謝を伝えに頭下げに行くってことだけで、ご近所との距離は近くなるものですよ。

そんな熊本の実家も、すでに解体し更地にして売却。
ご近所さんとのお付き合いもなくなりました。

ホッとしたけど、さびしくもあり。



コメント
この記事へのコメント
凍結防止に一応、水抜はしてるんだ。漏水は気づくの遅れるよね。
ふと思ったのだけど、熊本辺りだと水道管にヒーターはついてないものなの?
最近ヒーターの仕組み知って目からうろこだった私。
2016/01/28(木) 15:30:42 | URL | moomama #mQop/nM.[ 編集]
moomamaへ
いやぁ、さすがに九州・沖縄はヒーター付いてないです。
【真っ裸】ですよん(号泣)
ま、それもあって今回のような大惨事になってるんだけどね。
空家は本当に気を付けないと、漏水、漏電、放火、空き巣など、
危険がいっぱい!何かあった時にご近所に迷惑かけるだけじゃ
済まないものね。ご近所さんの命にまでかかわってきますから。
そういう意味でも成年後見人になっておいてよかった。
後見人として、母名義だった実家の処分を済ませ、
ひとかけらでも責任から解放されホッとしてます。
2016/01/28(木) 18:56:53 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する