薫の野郎猫的日常
2015年10月03日 (土) | 編集 |
だから、旅立つ準備をされている方が連絡するのは救急車ではなく往診医です。

終末期の急変は救急車ではなく終末期対応在宅医に連絡するよう周知してほしい。

全地方自治体から在宅介護されてる家庭に徹底周知の通知を出してほしいです。

⇒救急医療の現場に増加する「看取り搬送」 本来の患者搬送が破綻する恐れ #ldnews 

http://news.livedoor.com/article/detail/10654988/

これは本当に切実な問題です。

救急車を含む救急医療は仕事柄、死なせてあげられない。

管だらけにしてでもどんな手段を講じても生かそうと努力する。

穏やかな最期を迎えさせてあげられないことも多いし、

ご本人に自然な流れでの死に時を選択させてあげられない。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する