薫の野郎猫的日常
2015年09月11日 (金) | 編集 |
★同行避難を認めない常総市役所内災害対策本部!各避難所のペット同行避難を認めてください。門前払いされたペットと飼い主さんはどこへ身を寄せればいいのですか?
⇒『台風18号被害 茨城・常総市のペット同行避難の現実』


この記事を読んで、ブログ主さんじゃなくてもショックを隠せないです。


常総市で災害対策本部命令でペット同行避難を拒否する避難所ありと聞き、正直ショックを隠せない。「避難所には犬や猫が苦手な方もいるから、そのような対応になったのでは?一方的に常総市役所内にある災害対策本部を非難するのも違うのではないか」とのご意見もごもっともではある。

平時よりペット防災の準備がなされていない自治体であれば、ね。でも茨城県は同行避難推進の自治体( …)で、 … ⇒こんなに立派なガイドラインまであるのです。

上記の井手県議の記事にもある通り、県内で2012年当時に同行避難を拒否していた地域の中に常総市は含まれておりません。

ですから今回の災害でもし同行避難拒否するなら、代替のペット可避難所に案内するなり、ペット一時預かり可のNPOに繋いでしっかり管理するなりできる体制が整っているはず。そうじゃなくてもガイドライン通りであれば既に獣医師会が動いていなければおかしい。

私も311をきっかけにペット防災について勉強させていただいてますが、茨城県は関東圏で羨ましいくらいペット防災に熱心な自治体だと思っていました。日本愛玩動物協会茨城県支部でも定期的に同行避難訓練を実施しています。http://www.jpc.or.jp/ibaraki/

なのにいざ災害が起きてみたら、同行避難してきた被災飼い主さんとペットを門前払いするなんて。

なんのためのガイドライン?何のための訓練だったの?

本番で役に立たなきゃ何にもならないじゃないですか!!

「犬猫殺処分数最多、ワースト茨城県」「野犬多発地帯の常総」の汚名挽回を図るべき今だから、県が進めている同行避難をなぜ、常総市が受け入れないのか。なぜ後戻りしなければならないのか。

がっかりだよ、茨城県&常総市。

やっぱりいざと云う時、本当に頼れるのは民間だけか?



★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  





コメント
この記事へのコメント
国や自治体は何度経験すれば気が済むのでしょう・・・
ペットを連れて非難すること、恥ずかしい事でも何でもありませんよね・・・

昨日はあまりのショックにブログに掲載出来ず
今夜のブログで千太組さんのブログ記事お借りします。



2015/09/11(金) 22:52:19 | URL | ぱす蔵 #-[ 編集]
ぱす蔵さんへ
被災動物救済活動&被災経験者でもあるぱす蔵さんだから、余計にショックですよね。国も地方行政も、一体どういうこと?って思います。それにね、なんていうか、SNSを通じて今回の災害に対するコメントを読んでて、先行きが不安になってくるというか、胃が痛くなってくるんですよ。勿論、変わらず心ある方々も大勢いらっしゃるんですけどね。でも、なんでか知らないけど、この国がどんどんおかしな方向に行ってるような気がしてなりません。
2015/09/12(土) 18:21:40 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する