薫の野郎猫的日常
2015年09月11日 (金) | 編集 |
栃木茨城そして東北。
このたびの歴史的大雨による水害で大きな被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

311を思い出してしまいました。
多くのヘリ、ホバリング、自衛隊、消防、警視庁の合同救助作戦。
流される家屋、樹木、そして野生動物たち。
屋根の上に避難している人々、ペットたち。
孤立した家屋。

自然の前にはなすすべがなく、小さき存在だと思い知ります。

そんな中、ペット防災の観点から、まさに明と暗を分ける決定的瞬間がTVから流れてまいりました。
飼い主と一緒に同行避難してもらえた犬たち。
大水の中を首まで浸かって今にも溺れそうになっている飼い主がいない捨て犬たち。
仕事とはいえ、決定的瞬間を捉えようとカメラを回し続けるマスコミ取材班たち。

災害が起きるといつも出会います。
被写体とカメラ。
明と暗。
生と死。

20150910茨城県屋根犬 
自分の命も危ういときに、懸命に犬たちを抱いて救助を待つ飼い主たち。
proxy.jpg 
ニュース動画⇒ http://www.news24.jp/articles/2015/09/10/07309300.html
自衛隊員に無事救助され、涙の対面を果たす家族。

そして…

20150910茨城県犬2頭 
ニュース動画⇒ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2583505.html 
保護団体の方が保健所を巻き込んで必死に安否確認しようと努力されているのですが、
今現在の所、消息不明の犬たち。この瞬間にもカメラは回り続けていました。
TBSの取材クルーの皆さん、恨みます!
この犬たちの無事を祈ってます。(⇒  )
この犬たちと保護団体の方との笑顔とうれし涙の対面が観たいです。
生きてて!!

同行避難を認めない常総市役所内災害対策本部!
各避難所のペット同行避難を認めてください。
門前払いされたペットと飼い主さんはどこへ身を寄せればいいのですか?
⇒『台風18号被害 茨城・常総市のペット同行避難の現実』
http://amba.to/1XPdKLS  #同行避難 #常総市

★土浦、川崎、長野、栃木の保護団体が被災ペットの一時預かりを申し出ておられます!
『【拡散希望】台風18号被災ペットのお預かり可能!諦めないで下さい』
http://amba.to/1XRluwV

★【茨城 被災動物ペットフード支給について】
物資は、指導センターからつくば市、守谷市、つくばみらい市の 市役所に送ったので、
そこから支給可能。必要な被災飼い主さんは避難所から各市役所に要請ができるはず、とのことです。
『台風18号被害 センターからの情報』
http://ameblo.jp/capin-blog/entry-12072011930.html


みなさん、
いざという時は絶対にペットと一緒に逃げてください。
遠慮なんて必要ないです。
一緒に逃げてください!!
一緒にいれば、生きてさえいれば何とかなりますって!

★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ  
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ  
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する