薫の野郎猫的日常
2015年07月01日 (水) | 編集 |
★6月29日
CIo-MVKUAAAuxBd.jpg
三毛の子猫が3日前から二子玉川246高架下に取り残されている。何度も救出しようとしたがそのたびに逃げてしまって失敗。今から7度目の救出活動、とTV朝「ワイドスクランブル」速報LIVEで流れた。。。3日前からなんて…画面で見る限り弱ってはいるけど鳴けるし動けてる。今日こそ捕獲成功しますように!!!優しい里親さんが見つかりますように!!!!!!!

CIpgn1HUEAA-Eda.jpg
無事救出された模様。報道によりますと、すぐに病院へ連れて行ってもらったようです。今後は救出活動を請け負った国交省(!!)が責任を持って里親さんを探すそうです。よかったよかった❤

【動画あり】テレ朝news @tv_asahi_news 
危ない!“崖っぷち猫”高架下は国道246…救助作戦 
http://5.tvasahi.jp/000053630?a=news&b=nss 

★6月30日
今朝のワイドショーで昨日
世田谷で捕獲された子猫の今朝の様子を伝えていました。ミルクもご飯も元気に完食。表情も幾分和らいで元気に鳴いてました。昨日はあれから愛護センターで健康診断など済ませたあと近隣の動物病院に移動しました。先日は高知県で、同じ状況下で保護された子猫がその日のうちに保健所で殺処分という悲惨なニュースを聞いたばかりなので、今回はそういう流れにならなくてよかった。


さて、連日、大々的に全国波のニュースで流れたこともあり、捕獲作業を大勢の方が見守っていたし、この子猫を引き取りたいと里親候補も何人もいらっしゃるということだし、ほとんどの方はこの段階でめでたしめでたし、と喜ばれることでしょう。

しかし、みなさん、もうお忘れですか?徳島県の「崖っぷち犬」のこと。
b0fc9b7f.jpg
★「崖っぷち犬 リンリン」
※ウィキペディア⇒https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3_(%E7%8A%AC)&redirect=no
※「崖っぷち犬 リンリンのその後」⇒ http://matome.naver.jp/odai/2137346319491983601

2006年11月、救出までの間、今回の子猫のように大々的にTVで放送され一躍有名になったこの犬が、あのあと、どんな悲しい運命をたどったか。TVで放送されたことで里親候補者は100人以上現れました。徳島県は「抽選」で一人の主婦に譲渡しました。県外の方は今回はご遠慮していただくことになり、10人の県内の方で抽選に外れた方々には保健所の保護犬を斡旋したのですが、1人以外は全員、断ったそうです。さて、崖っぷち犬の飼い主になった主婦の方、犬を飼った経験が全くなかった。別にだからどうだというわけでもないのでしょう…この犬が「普通」の犬であったなら。でもこの犬は生まれてからずっと人に飼われたことがない野犬の子。飼い主の主婦に全く懐かなかった。脱走しては野犬とつるむようになり…1年後、主婦の方が体調を崩されたこともあり、この犬は保健所に逆戻り。殺処分は免れて、保健所で飼われることになったのです。ほぼ同時に捕獲されたこの犬の姉妹犬も「抽選」で飼い主が決まったのですが、2年後、「家庭の事情」で手放され大阪の保護施設に収容されましたが、二度と同じ目に遭わせたくない、間違いがあってはならないと、数年間、保護施設で慎重に「終の棲家」「家族」探しをした結果、新たな譲渡先が決まり再度譲渡されました。

もし、徳島県が民間の動物保護団体や里親譲渡のプロに協力を仰いでいたなら、この犬たちだって全く違った生き方ができたでしょう。人馴れやしつけトレーニングが必要な犬を、安易に抽選で譲渡しようとしたことが大きな間違い。飼い犬になるためのトレーニングを受けさせ、一番最適で相性が良くて生涯大切にしてくれる飼い主さんを見つけるためには、人を見分ける目を持ち、条件を設けて厳しい審査ができるその道のプロの手助けが必要なのです。徳島県はそこを誤った。

今回の世田谷のこの子猫。動物愛護センターで健康診断を済ませた後、近隣の動物病院へ移され、救出した国交省が里親を探すとのことですが、知り合いの動物愛護のプロ曰く「二子玉川の動物保護団体が関わってくれたらなぁ」と気にしてます。この子猫が徳島県の「崖っぷち犬」のような結末にならないように祈るばかりです。

「保護したらお終いじゃなくて、レスキューのその先が問題だということを市民や関係者に気づいてほしい!」





コメント
この記事へのコメント
昨日はワイドスクランブル見てましたが保護される前に終わってしまい
気が気でなくアチコチ、チャンネル廻し次のニュースの時にやっと保護
の一部始終を見て病院にも連れて行ってくれ国土交通省が責任を持って
里親探しもするとのことで胸をなで下ろしました。

ニュースで流れた子だから物珍しさも手伝っての里親に名乗りあげるのはやめてほしい、辛い野良生活の末にこんな所まで彷徨って来てしまったので有ろうと察するとこれからの生活は命ある限り幸せで有ってと願うばかりです。


毎日ブログは拝見させて頂いてましたがミニャさんお変わりない様子
私の家もお陰さまでミー子もあれ以来発作も無く相変わらず注射には
週一通ってますが元気に二階まで夜は上がってきて一緒に寝てます。
クリ子は胸の上で寝るし暑さとの闘いがはじまってます、幸せな戦い?

5月12日から家族が増えました、グレー?何かいい加減な色の子で
やっと1歳になるのかなー兎に角男の子ですからアチコチ首から背中に
傷が有り検査と去勢の為3日程病院に預かって貰いその間に二段の
ケージを買い馴れるまでは其の中、家の子達は殆ど傍に行きますが
フーもシャーも無く一週間後には私の居る間だけフリーにしてみましたが
先住猫達は無視、クロ(と呼んでます)は呼べば来てスリスリ、座れば
膝に寄りかかる甘えん坊、そんなことで6にゃん1老の生活になりました

お陰さまでエイズも白血病も陰性でホットしております。
ご飯食べる~と聞きますとニャーと言いながらチャンと自分のケージに
入って器の前にお座りをして待つとてもお利口さんです。
この6にゃん1老の生活が一日でも長く続く事を願って居ります。

千太組のみにゃさんも元気で薫さんに心配掛けないように頑張りましょう

薫さんもお忙しいでしょうが身体に気を付けて下さい、老婆も頑張ります

あ・それからミミちゃんやっとぜーぜーも殆ど無くなりご飯は歯が一本も
無いので流石にカリカリは凄い小粒でもチョットだけで辞めてしまいますので
18歳以上用のパウチにしてます。食欲多せいです。
2015/07/01(水) 14:17:07 | URL | クリ子の母 #-[ 編集]
クリ子の母さんへ
お久しぶりです。
最近いらっしゃらないなぁ、と少々心配しておりましたが、
猫さんたちも母さんも御元気そうでホッとしました。
で、なんですって????
うら若き男子参入ですって???
一体どういうこと????
クロ君との出逢いをお聞きしたいわ。
2015/07/02(木) 20:36:48 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する