薫の野郎猫的日常
2015年03月11日 (水) | 編集 |
imagesXDR6YJRR.jpg 
福島の事故を機に
ドイツ首相が脱原発に舵を切り
7年目の来日で協働を唱えたのに対し
堂々と再稼働を説いた日本の総理。

復興復興と口ばかり。

被災地はまだまだ
復旧への道のりさえも遠い。

でも今日だけは
この日だけは心鎮め
天国の方々と
この地に留まりて命の糸を紡ぐ方へ
そして
今も彼の地で必死に生きている動物たちへ
思いを致し
心の平安を祈ります。




コメント
この記事へのコメント
もう4年たつと言うのに復興工事はオリンピック関係の工事や
政府関係の工事で人手やら資材やらたらず後手後手に回ってる
感が有ります。

地震、津波は自然のなせるところ起きた事に対してはどうする事も
来なかったかも知れない
でも原発の事故が無かったらこんなに多くの人達が故郷を捨て
置いて来たくなかったであろう動物達を置き去りにして!!
何時帰れるとも分からない家に残した犬や猫達を思いどんなに
苦しんで居る事でしょう。

何カ所かの愛護団体によって捕獲保護された子達はまだ幸せ
野犬化してさすらってる子の事を思うと胸が痛いです。

立ち入り禁止でなくても泊まることの出来ない所の子は愛護団体が
週に何回か餌をあげに行ってくれてるようですが猫も繋がれている犬も
その人達の姿を見るとちぎれんばかりに尾を振り猫は飛んでくる
そんな姿を見て居ると胸が締め付けられ涙が出ます。

原発さえなかったら・・・・阿部さんはこの人や動物達の辛さを分かろうと
せず原発推進の方向に舵を切り・・いくら避難してる人の苦労を思うとなんて演説しても私達は嘘・・ばっかりとしか思えません。

そんな政治家を・危険思想の政治家を選んでしまったり、折角の権利・義務を放棄して居る国民も責任が有ると言わざるおえません。
悲しい事です。
3.11の犠牲者の方々の冥福を祈りつつ反省します。
2015/03/12(木) 13:10:49 | URL | クリ子の母 #-[ 編集]
クリ子の母さんへ
被災地を視察した安倍総理について、仮設に独居する80代女性が言いました。「安倍さんは来るには来たけども、車を降りて100メートルくらい歩いてすぐに行っちゃった。時間にして3分あったかどうか。中にも入らないで何がわかるもんか。仮設を視察したといいたいだけのパフォーマンスに見えました」こんなんで市井のこと、被災地のことがわかるはずがない。
2015/03/12(木) 15:40:09 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する