薫の野郎猫的日常
2014年11月27日 (木) | 編集 |

DSCN0301.jpg
寂しいです。

DSCN0346.jpg
19歳の千太郎と16歳の百次郎の老猫コンビしかいなかった我が家の前のゴミ集積所で、

DSCN0350.jpg
不燃物と一緒にゴミ袋に入れられて泣いていた3週齢にも満たない小さな寿三郎。

DSCN1133.jpg
老猫じゃ元気な子猫の遊び相手にはなれないからと、同い年の幸四郎を迎え入れ…

CIMG4170.jpg 
ジュサ坊との出逢いがなかったら、今の「千太組」は存在していなかったんですよ。

e06b84a5.jpg
彼が野郎猫集団の本当の意味の生みの親です。







コメント
この記事へのコメント
今日、淡い茜色に染まる夕焼けの飛行機雲を見ました。その高い空の先には白い月が美しく、夜には三日月が輝いていました。
そんな空のどこかで、ジュサ坊もまろも、私たちを見ていてくれるのでしょう。

でも、手を伸ばしても届かない。胸に抱きしめられない。毎夜背中をくっ付けて寝ていたぬくもりがいない。いつか逢える時まで。
淋しくて、寒い。ですよね。
薫さん、眠れてますか?
日毎夜毎、淋しく寒さも募ると思いますが、お身体もお大切に。

ジュサ坊、愛おしいです。
2014/11/28(金) 00:04:57 | URL | 宙 #UbCtKfmc[ 編集]
宙さんへ
ありがとうございます。
ご心配をおかけしてます。
発作的に大泣きしてしまいます。
でも、食べてるし眠れてます。
私が倒れたら猫たちが路頭に迷うからね。
全員を向こうの世界に送り届けるまではしっかりしなきゃ!
どの子もみんな「ジュサ」と呼んでしまう今日この頃。
それでもみんな振り返ってくれたり、来てくれたり。
みんな優しいです。
わが家はまだ5ニャンいるから、怒ったり抱っこしたり甘えたり、
猫の温もりやにおいを思う存分味わえて気が紛れますが、
宙さんは寂しさが募りますよね。
まろくん、宙さんはきっと君が違うユニフォーム着てても
すぐにわかると思うから、早く地上に降りておいで!
2014/11/29(土) 10:26:10 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
じゅさ坊との出会いは奇跡でしたね
薫さんがごみを出す日でなかったら、一つ先の集積場に
置かれたらと思うと運命を感じます。

スニーカーに入ってしまう様なじゅさ坊、何処か遠くをのんびりと
眺めているじゅさ坊、どの写真見てもまだ胸が締め付けられます。
他人の私がそうなのですから薫さんはどんなに辛いか、
お察し致しますなどと言う生易しい事では無いと思います。

家も13年越えのおばあちゃんおじいちゃん、まして全員何かしらの
病気持ち一日一日大切に暮らしたいと思って居ます。
せめて排尿排便食事量はすべてチェック、書きとめ嘔吐物は中に毛玉
有るか確認入って居れば安心、友達はアンタ気にし過ぎだと言いますが
このくらいしかニャンコ達の健康管理の為私に出来る事は無いのです。

千太郎君や百次郎君の様に長生きしてくれる事を目標に頑張ります。
幸ちゃん、七海君六輔君九十君バン君みーんなみーんな元気で
長生きしてしてね。
薫さんの涙が枯れる事は無いかもしれませんがしっかり食べて
しっかり寝て五ニャンの為にも御自愛ください。
2014/12/01(月) 12:36:07 | URL | クリ子の母 #-[ 編集]
クリ子の母さんへ
入院していた時の代金、
先生が計算してなくってずっと気になっていたのですが、
1日にやっとこさお支払いすることができてほっとしました。
マイクロチップ登録抹消届も、マンション管理会社への死亡届も、
なにもかも済ませてしまったので、唯一残っていたお支払いが済み、
これで全部終わりました。一区切りです。
後は時の流れに身を任せ…いつものように自然の流れに逆らわず。
5頭の野郎どもと一緒にまたいつもの「奇跡の積み重ね」である
「普通の生活」を重ねていきましょう。

猫たちの健康管理って他人様がどうこう口を挟むものではありませんよね。
飼い主さんと猫たちしか共有できない究極の世界とでもいえるのでしょうか。
看取りも介護もそうです。ある程度は共有できる情報もあるでしょうけど、
最終的には飼い主さんが猫との会話でやり方を決める。
他人様はと~っても力になりますが、ある境界線から中には絶対に踏み込めない。
踏み込んじゃいけません。そこからは飼い主さんと猫だけの世界ですから。
神聖な時間が流れる世界ですからね。大切に。
2014/12/02(火) 15:58:56 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する