薫の野郎猫的日常
2014年11月23日 (日) | 編集 |
DSCF2426[1]
寿三郎が体調を崩し入院、闘病、そして脱皮。
2週間という短い時間ではありましたが、
いつの日も暖く声をかけてくださった皆様に、
改めて心の底よりお礼申し上げます。

向こうの世界の住人が徐々に増えてまいりまして、
頂戴したお花を供えるスペースが窮屈になってきました。

ジュサ坊の周りはまるで春のよう!
部屋中いい香りに包まれております。

ありがとうございます。





コメント
この記事へのコメント
寂しいですよね
2014/11/27(木) 00:27:05 | URL | バンバン #-[ 編集]
バンバンさんへ
寂しいです。19歳の千太郎と16歳の百次郎の老猫コンビしかいなかった我が家の前のゴミ集積所で、不燃物と一緒にゴミ袋に入れられて泣いていた3週齢にも満たない小さな寿三郎。彼との出逢いがなかったら、今の「千太組」は存在していなかったんですよ。彼が野郎猫集団の本当の意味の生みの親です。
2014/11/27(木) 21:36:19 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する