薫の野郎猫的日常
2014年05月11日 (日) | 編集 |
昨日の日記の通り、青梅のシフォンケーキ屋さん「ちゃんちき堂」のてつさんのお心遣いで、
お店の新作で、野郎どもと私も気に入った桜のシフォンが、「母の日」の今日、
午前中に熊本の母のもとへ無事、到着したと施設から連絡がありました。

「今日は朝から拒否が見られることがあり、調子が良い方ではありませんでしたが、
ケーキが届いてからは、とても笑顔で張り切って食べていらっしゃいました。」とのこと。

メールに添付されていた写真には、
大きな口を開けて美味しそうに食べている満面笑顔の母の姿。

さすがわが母!
 食べるのが大好きなところはまったく変わってない!
偉丈夫だし安心した。 
どんなに不機嫌でも、
美味しいものを目の前にすると
途端に機嫌が直るし、
大口開けて貪り食うところなぞ、
さすがだと感心しました(笑)
私にそっくり♫
 食べ物の趣味も野郎どもと娘にそっくり(笑)
喜んでくれたようです♪

ありがとう、てつさん!




母の体調は変化なし。
5月16日が処方日なのだが、
施設の往診医の見解は現状維持。
看護、介護の現場からも、
以前より多少拒否は見られているものの、
対応の仕方を工夫をする等しながら様子をみているので、
今回の処方も継続して様子を見たいとのこと。
 


その後
施設との仲は一進一退。
ここまで一通のメールも来ることはなかったが、
こうして、こっちから話しかければ
必要に応じて返事は来る(笑)

あの騒動以来、
先方からは公的書類以外は一切のやり取りをしなくなってました。
私ももういいやって放置してました。
昨日、ケーキが母の日に届くとメールで知らせましたが、
向こうからなにかしら報告が来るか不安だったのですけど、
写真付きで返事が来たから一安心・・・って、こんなんでいいのか?(笑)



今年1月31日付の日記で書いた先方から紹介された施設だが、
あれからいろいろ調べ上げた結果、
ご近所の噂も不安だし、
認知ケアや介護技術や知識も不安だが、
なにより施設にメールアドレスがなかった!
施設のHPで見つけた問い合わせフォームから連絡を入れたところ、
約1か月後になって郵送で返事が来た!!
再度問い合わせフォームで連絡を入れたら、
またまた返事が遅延。
どうもこの問い合わせフォームの受信を別事業所でおこなっているためらしい。
2回目の問い合わせも、やっとこさ気が付いたらしく、
あわてて施設独自のメアドを開設した有様。
これじゃ、私が望んでいるレベルでのメールでのやり取りは期待できない。
同業者の友人が言うように、
遠距離介護はネットなくしては成り立たないですからね。

期待しすぎもいけないけど、
いくら待機順番待ちの有料に母のための空きが出るまでとはいえ、  
苦し紛れに首傾げる施設で手打ちするのはもっといけませぬ! 
入所申込みした有料は、待機人数が20人超えていることから、
今のところ、いつ転所できるかわからずじまい。

すぐにでも引っ越したいのはやまやまだけど、
だからといって、
どんな施設でもいいというわけじゃない。
部屋に空きがあればどこでもいいということでもない。
慎重に選ばなきゃ!
もしかしたら有料の空き待ちしてる間に急変するかもしれず。
今度転所する施設は、
看取りまでお願いする気持ちで選ばなければ。
今の施設より良くない結果だけは何としてでも避けなければ!!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する